FC2ブログ

風来亭 on the web

日々趣味を楽しむ人生の風来人『緋竜』が主宰する、同人サークル『風来亭』のweb版です


Twitter復帰・2年前の事件について

前回の記事からだいぶ経ってしまいましたが、今年1月からTwitterに復帰しています。
向こうではすでにフォロワーさんたちに説明していますが、2年前の事件についてこちらでも触れておこうと思います。
あっちは流れてしまうし、自分自身の備忘録としても残しておきたいと思いました。
香川県警および東京地検で公的記録として残っている事実です。
形としてはTwitterでのコピペに一部加筆修正を加えたものになってしまいますが、ご了承ください。


2年前、2016年1月、私は当時の相互フォロワーが被害に遭っていた件に巻き込まれる形で、ネトストの被害に遭っていました。
次第に犯人の恫喝も激しくなってきて、身の危険を感じたため、2016年1月27日(水)にTwitterをやめようとしました。

しかしTwitterの垢を消して一晩経った後、消したはずの垢が復活しており、乗っ取りを受けていました。
犯人が乗っ取りに使ったメアドに、件のネトスト犯が名乗っていた名前が使われていたため、奴の犯行だとすぐに分かりました。
そこで私はこれまで集めていた証拠と、乗っ取りの際に残っていた証拠を全て持参し、香川県警高松北警察署・生活安全課に即日被害届を提出しました。
刑事事件として警察も動いてくれることになり、その後、2016年2月12日(金)に署の方に呼ばれ、第1回目の調書を取りました。

ちなみにその前々日(2月10日(水))、容疑者が私をTwitterにおびき寄せるためか、私の成りすまし垢を作って暴れていました。
フォロワーさんのおかげで凍結に追い込めましたが、署の方にはその暴れていたログも手土産に持参しました。

その後も警察と連絡を取り合いながら、私自身もさらに集めた証拠を提出したり、担当の刑事さんから尋ねられたことに答えたりしていました。
その頃私は体調を崩し、約半年間心療内科にも通うことになりました。
容疑者はその後も度々ネトスト用の垢をいくつも作っては他の人間を恫喝してましたが、その際に自分の垢乗っ取りのことも脅迫材料に使っていたためです。
今はもう回復してますが、艦これの(容疑者が毎日描いてた)某キャラを見ただけで吐き気を催すほどでした。

2016年4月22日(金)にまた警察に呼ばれ、第2回目の調書を取りました。
実は3月には既に容疑者が特定されていて、それを知った当時の私の感想は「やっぱりか」という感じでした。
(後で説明します)
その頃には容疑者の動きは全部警察にマークされていて、筒抜けになっている状況でした。
肝心の容疑者自身は「俺は絶対捕まらない」と有頂天になっていたようですが。

そして2016年5月19日(木)には、不正アクセス禁止法違反の容疑で、容疑者宅に家宅捜索が入りました。
刑事さんはこのために、GWの頃にも容疑者が住む東京の方まで行って調べてくれていました。
家宅捜索では容疑者のスマホやPCが押収され、その際の事情聴取で自分の犯行だと認めたそうです。

翌々月8月のコミケ終了後ぐらいに、容疑者が東京から香川県警まで呼び出され、数日間事情聴取が行われました。
当時奴を監視していた友人から連絡があり、容疑者がTwitterで香川に行っていると書いていたことから判明しました。
担当の刑事さんにも確認しました。

それからしばらく経った2016年11月7日(月)、東京地検刑事部の検事さんから連絡があり、その後も事件のことで何度かやり取りしました。
それ以降は、今に至るまで身の回りでは何も起こっていません。


容疑者の正体は、先に触れたネトストの被害に遭っていた当時の相互フォロワーでした。
ネトストの件は彼の自作自演で、容疑者のプライバシーということで詳細は書けませんが、自身の過去や周りの人(特に絵描き)への劣等感を色々拗らせた末の犯行だったそうです。
私も含めた相互フォロワーや同じ大学の友人相手に、『一番の被害者』を隠れ蓑にして、2015年10月頃から検挙されるまでの約半年間、嫌がらせや恫喝、反社会的行為を行っていました。

当時の私も状況証拠的に色々違和感を抱いていて、もしかしたら彼が犯人なのかと可能性は頭に浮かんでいましたが、決定的な証拠がないため断言はできませんでした。
今回警察が動いたことで、それが証明された形になりましたが。
今となっては、容疑者のことは私の周りの人は全員知ってます。

担当の刑事さんや検事さんがはっきり断言した訳ではありませんが、断片的に聞いた話や、容疑者の実際の行動を見ていると、容疑者はこれの可能性が非常に高いです。
【代理ミュンヒハウゼン症候群】

もっとも容疑者はストーカー垢で自分自身を激しく罵倒したり、自分が描いた絵を自分で傷つけてストーカー垢に貼ったりと、自分への嫌がらせを自作自演してたことから、『代理』の付かない方(ミュンヒハウゼン症候群)も拗らせてた可能性が高いです。

容疑者の一番の目的は、自分への同情や注目であり、そのために私を含む相互フォロワーを巻き込んでいたわけです。
2016年8月の取り調べが終わった後、容疑者はTwitterに一応の謝罪文を上げていましたが、何に、誰に謝っているのか分からないような内容で、納得できるようなものではありませんでした。

上記の内容を今年の1月にTwitterで告白した後、容疑者の大学の同級生から連絡があり、今回の件についての謝罪がありました。
謝る必要のない人間が謝って、本当に謝罪するべき肝心の容疑者は、未だに私や他の迷惑をかけた人たちには一切謝罪もせず、周りの人を騙しつづけて、何食わぬ顔をしてのうのうとイベントにサークル参加したりと、被害者を愚弄する行為を続けています。
私の2年間を奪って平然としている容疑者を、絶対に許すことはありません。
周りの人間を騙せても、私の家族や友人など、周りの人間は全てお前のことを知ってるぞ!


以上、これが2年前の事件の全てです。
事件が落ち着いて以降も踏ん切りがつかず、約2年間、Twitterに戻る勇気が湧きませんでした…。
今回感じたのは、一見まともで普通にやり取りしてた人が、内面に途轍もない闇を抱えた『怪物』だったという怖さですね。
容疑者は普段から暴言やヘイトスピーチを吐くような人間ではなく、表面上はむしろどこにでもいるような普通の若者、という感じでした。
Twitterやっていれば誰にでも起こりうることなのが、また恐ろしいです。
なので、これをご覧になる方は、今回の件を参考にしていただければと思います。

何か変なことに巻き込まれて、少しでもおかしいと思う点や違和感があれば、疑ってかかって下さい。
些細なことでも、証拠になると思ったものは必ず取っておいてください。いざというときに役立つかもしれません。
どうしようもないと思ったときは、すぐに証拠を持って警察に駆け込んで下さい。
状況にもよりますが、少しでも証拠があれば警察は思った以上に動いてくれます。
自分みたいな人間が、これ以上少しでも出ないために…。

最後になりますが、一番思ったのは、
『過去に不幸なことがあったから、自分は何をやっても許される。奪う側に回ってもいい』
という思考が、如何に醜悪で愚劣かってことですね。
ともあれ、最後までご尽力下さった高松北警察署及び東京地検の皆さんや、自分を支えてくれた方々にはいくら感謝してもし足りないぐらいです。
本当に、ありがとうございました。
スポンサーサイト


コミケ御礼&謹賀新年



遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
今日まで帰省していたので、更新が遅れました。

まず、冬コミではお世話になりました。
初めての壁サークルとなりましたが、前回の夏コミ以上に満足のいく結果が出せたので、ひとまずはホッとしました。
『らき☆すた≒おん☆すて』という、分からない人には分からないものを題材としていたため、イベント前は正直不安もありましたが、いざ蓋を開けてみたら、それは全くの杞憂でした。
委託していた、おん☆すて合同誌も納得のいく売れ行きでしたので、本当に良かったです。
当日サークルにお越しくださった皆さんや、本を買ってくださった皆さん、差し入れ等を頂いた皆さん、本当にありがとうございました!

年末は鷲宮に行っていました。
ここでは、自分にとってとても大切なこともありました…。
帰省との兼ね合いで多少無理して来た鷲宮でしたが、本当に来て良かったと思いました。
ここでも多くの方々にお世話になり、ありがとうございました!

今年もどんどん活動等を行っていく予定ですので、何卒宜しくお願い申し上げます。


ご無沙汰です

まずは、ずいぶんと長い間更新が滞ってしまって申し訳ありません(汗
仕事も含めて、周りがバタバタしていたのもあって手が付いていませんでした…。
異動などもあったので、例年よりも忙しかったです。

以下、更新していない間にあったことなどを触れていこうと思います。

■東日本大震災
3月11日はちょうど普通に仕事をしていました。
外で仕事をしていて事務所に帰ってきたときに他の人がTVを付けていたので、何事かと思って見てみて、地震のことを知りました。
僕が住んでいるところは何も被害がなかったんですが、友人知人、僕がお世話になっている方が沢山被災されたり、お世話になっている鷲宮や幸手の方でも被害があったことを知り、愕然としました…。
知っている方が誰も亡くなっていないのが、せめてもの救いです。
阪神大震災を身近に経験した身なので、まさか生きているうちにこんなことが2回も起ころうとは夢にも思いませんでした。

今でも余震が続いたり、原発等の問題もあって地震の恐怖が消えたとは言えない現状です。
本格的な復興もまだまだはるか先だと思いますが、せめて、(今のところ)何も被害がなかった自分たちのような人間が普段の生活を少しでも維持することが、ひいては日本中の復興に少しでも役立つのではと思っています。
このブログでも、今後も今までと変わらず普通に同人や趣味の話を書いていこうと思います。

今回の震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りすると共に、被災地はもちろん、日本国中が一日も早く復興して立ち直ってくれることを願ってやみません。
今後も、義援金を出したり、少しでもできることをしていこうと思っています。


■ゲーム
更新してない間に、ちょうど発売日が近かったゲームを二つほど買いました。


『逆転検事2』と、『怒首領蜂大復活ブラックレーベル』です。

検事の方は、まだあまり進んでません…(汗
周りが落ち着いたらプレイを進めて、ここでもレビューを書きたいと思いますw

大復活の方は、以前買った無印版よりも難しい印象を受けました。
今回はショットとレーザーの同時発射が可能で、その状態で進むと溜まっていく『烈怒ゲージ』がゲームの肝になっています。
ゲージを一定以上溜めると敵の攻撃が激しくなるのですが、これが隠しボス出現の条件にもなっているので無視できないのがミソですねw

ブラックレーベル版だけなら無印版のDLCコンテンツで購入できるのですが、今回パッケージ版を買ったのは、これだけに収録されている『アレンジモード』をプレイするためでした。
早い話、『ケツイ』のゲームシステムで今回の大復活が遊べるというもので、僕みたいにケツイを楽しんだ人間にとっては嬉しい仕様ですw
おまけに、条件さえ満たせばエヴァッカニア・ドゥーム様(ヒバチの代わりとして出現)ともご対面できるようになっています。
ただゲーム自体の難易度も高い上出現条件がとても難しいので、上級シューターでないとなかなか会えないのが辛いです。
この辺はメーカー公式のPV(↓)でも売りにしていただけに、個人的にはプラクティスモードでも会えるとか、何かの救済措置が欲しかった気がします。




■同人


今もぼちぼちと原稿を描き進めています。
予定では、5月に次の新刊を出そうと思っています。

pixivではもう上げてたんですが、今回の新刊の表紙が完成しました。



今回のタイトルは、『Happy☆BlueStar』です。
『優しいこなちゃんを描く』というのが今回のコンセプトで、他のキャラを主人公にして、その目線からこなちゃんの良さを描くというシナリオになっています。
今回の主人公はそうじろうで、以後、かがみ、つかさ…と主人公にしていこうと考えています。

以後、発売開始日など詳細が決まったら改めてお知らせしたいと思います。


謹賀新年&コミケのお礼

少し遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます。

先日のコミケでは、多くの方々にお世話になりました。
今回用意していた特典ハガキも、何とか用意していた分をお渡しすることができました。
サークルに来て下さった皆さん、当日お世話になった周辺サークルの皆さん、本当にありがとうございました。

今年の活動予定については未定ですが、決まり次第またここでも触れて行く予定です。
私生活の関係で、活動できるのは春以降になるかと思います…。

今年も何とぞよろしくお願い申し上げます。


ここしばらく買った物

夕べ、冬コミ新刊の入稿が終わりました。
新刊の詳細等については後日また触れたいと思います。

思えば、ここ数ヶ月ずっと原稿に追われてた気がします…w
よんこま文化祭、冬コミとイベントが続くので仕方ないことですが。
とりあえず年明け以降はイベントの予定がないので(春に本業が落ち着いたらまた何かに出る予定ですが)、今まで手の着いてなかったゲームなどを楽しみたいと思いますw
本業は1年で一番忙しくなりますが(汗

今日は今まで紹介できてなかった、秋以降に買ったいろんな物を紹介したいと思います。


らき☆すた8巻、化学本、他
10月はらき☆すた関連書籍発売のラッシュでしたね。
単行本8巻は通常版と、アニメイト表紙版、そして特典付きのワンダーgooで買ってしまいましたw
コンプティークに特典として8巻のカバーが着いているので、無駄にならずに済みますねw
化学本は、挿絵にらき☆すたキャラが使われているという『もえたん』みたいなものです。
内容は意外と濃く、本当に勉強に使えるレベルです。


らき☆すたデジカメも買ってしまいましたw
『ダイナミックフォト』という機能があり、撮った写真に他の絵を合成でき、その用意されている絵の中にらき☆すたキャラがたくさんいます。

101120_satte.jpg
具体的には、こんな感じの写真ができますw

スト4&虫姫さま
XBOX360版『スーパーストリートファイターIV』、『虫姫さまふたり』
スパ4は土師祭で関東に行ったときに秋葉で、虫姫さまはよんこま文化祭の入稿が終わった日に買いました。
実はスパ4はゲーセンではほとんどやったことがなかったんですが、こうしてゆっくりやってみると操作感覚も良く、僕みたいに3Dが苦手な人間でも取っつきやすいと思いました。
全キャラごとに隠しカラーなどがあるようなので、コンプできるのはいつの日か…w

虫姫さまは、ゲーセンでは見た目が余り好きになれなくて敬遠してたんですが、たまたま動画を見て面白そうだったので買ってみました。
以前紹介した『ケツイ』みたいな、時間で解禁される隠しオプションみたいなのはないので、実績を全部埋めるのはかなり困難です(というか無理w)。
個人的には最初に遊べる『Ver1.5』よりも、ダウンロード購入でアップデートできる『ブラックレーベル』の方が楽しかったです。
自機の攻撃力が高いので、こっちの方がよりサクサク進める感じでしたので。
さすがにゴッドモードで隠しボスを出すのは無理ですがw(爆

怒首領蜂大復活
XBOX360版『怒首領蜂大復活』
25日発売だったので、今回の入稿が終わったら買うと決めていましたw
『限定版』ではバージョン違いの『1.51』を無料ダウンロードできる権利と、アレンジサントラ集がついているので、迷わずこちらを買いました。
ゲーム性は基本的には上述の『虫姫さま』と似ているのですが、こっちは自機の攻撃力が比較にならないほど強く、弾を食らったときに発動するオートボムや、一定時間敵の弾を破壊するショットが撃てるハイパー化などのシステムで、比較的初心者も取っつきやすい仕様になっています。
もちろん(裏)2周目を目指すとなると難しい上、これも『ケツイ』のような救済措置となる隠しオプションがないので、フルコンプは至難の業ですね…w

当分は(主にXBOX360になりますが)色々遊んでみようと思います。




Copyright ©風来亭 on the web. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad