風来亭 on the web

日々趣味を楽しむ人生の風来人『緋竜』が主宰する、同人サークル『風来亭』のweb版です


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


年末買ったゲーム



年末冬コミで東京に行ったとき、興味のあった弾幕STGを買ってきました。
時間が無くて隅々までやりこめたわけではありませんが、プレイしてみた感想などを書いてみたいと思いますw

■PS2版『エスプガルーダ』
これは周りでも評判が良かったのですが、その評判通り、遊びやすい作品でした。
この作品には『覚聖(覚醒にあらずw)』システムというのがあり、集めた宝石アイテムを消費して、一定時間内敵の弾の速度を下げることができます。
この宝石は敵が大量に落としてくれるので、結構使う機会が多いです。
使いどころさえ間違えなければ、どうしても避けにくい弾幕はコレを使って避けることが比較的容易なので、難易度も比較的低いです。
個人的には、これから弾幕STGをやってみたいという初心者にはうってつけの作品だと思いますw

とはいえラスボスはそれなりに強く、特に最終形態はボムを当ててしまうと体力が回復してしまうので、知らないと引っかかってしまいますw(爆


■XBOX360版『怒首領蜂大往生BlackLabel(ブラックレーベル) EXTRA』
これはいろんな意味で『曰く付き』(興味がある人は調べてみて下さいw)の作品なので当初は敬遠していましたが、PS2版のを遊んでいるうちにこっちのバージョンのが気になってしまい、買ってみましたw

実際プレイした感触としては、ゲーム自体はやっぱり大往生なので普通に面白いです。
特に『アレンジモード』は、ハイパーを使うと『大復活』のように弾消しができます。
選んだエレメントドールによって、ショットあるいはレーザーだけ弾消し可、両方で消せるがアイテム2つ必要、アイテム1つで両方消せるがボムが一切使えない、といった違いがあります。
ゲームバランス的には正直大味なのですが、妙に中毒性があって、今まで避けるしかなかった弾を破壊して無理矢理突き進む快感は、個人的になかなかのものですwww

ただ、言われていたとおり、とにかくシステム周りが悪すぎます。
ロードは一昔前のPSソフト並みに長い上にモードを切り換えるたびに入りまくるし、時々ボタンを押したのに反応していない(コントローラーの問題でなく)こともあったりします。
幸いというかゲーム中には変なバグには遭遇しなかったんですが、状況次第では途中でフリーズしたりの酷いバグもあるようです。

先日に配布された修正パッチのおかげで、これらの問題もとりあえず解決はしました。
しかし、このパッチもゲーム自体の発売から2年も経って遅きに失した感があるように思えます。
その間に開発者の方でも迷走があったようですし…。

ゲーム自体は面白いのに、いろんな意味で翻弄されてしまった残念な作品だと思います。
スポンサーサイト


PS2版 虫姫さま



ここしばらく、XBOX360で面白いSTGばっかりやっているせいか、他の作品もやりたくなってしまい、PS2の弾幕STGもやっています。
XBOX360で続編である『虫姫さまふたり』をやっていたのもあって、その前作がやりたくなってしまい、PS2で出ている初代を買ってしまいましたw

現在廃盤になっているせいか、最近では店頭では手に入らなくて、地元はおろか秋葉でも手に入れられなかったんですが、amazonで6000円ちょっとで売られているのを見て、思い切って買いました。
実際やった感触としては、基本システムがしっかりしているので普通に面白かったです。
レビューサイトによれば、アーケードの移植度という点ではやや難があるらしいですが、アーケード版をやってない僕としては素直に楽しめました。

個人的には、PS2版ならではのアレンジモードが楽しかったです。
このモードでは最初からオプションが6つ(通常アーケード版では最大4つ)ついていて、3種類のショットを任意でいつでも切り換えられ、さらには被弾してもボムが残っていたらミスにならずにボムが発動してくれるという『怒首領蜂大復活』的仕様にもなっています。
その代わり、コンティニューも不可能でオプションで残機の設定もできないので、下手すると他のモードよりもきついかも知れません。
(アーケードで悪名(?)高いウルトラモードでさえ、オプションで難易度変更するとマニアック以下の難易度にすることができますw)

アレンジモードの最後には、CAVE歴代裏ボスでも屈指の強さと言われる『アキ&アッカ』も登場し、ラストの『葡萄弾』と呼ばれる発狂も健在ですw(爆
(強さもウルトラモードと大差ありません)
今までなかなか倒せなかったんですが、昨日ようやく倒すことができました。
ウルトラモードと同じく残機が物を言う世界なので、ラストまでほとんどノーミスで来ないとまず倒せません(汗
ぶっちゃけ、もう二度と行ける気がしませんwww

アキ&アッカのヤバさは、この動画が参考になると思います。
ご興味のある方はどうぞw


その他、PS2の『怒首領蜂大往生』も引っ張り出してやってましたが、こっちは残機最高、ランク最低にしても5面が限界ですね…。
ゲーム自体は面白いんですが、今思えば一周目からやり過ぎた感がありますw


余談になりますが、今日はPSP版『陵桜学園桜藤祭』が発売されたので、当分の間はSTGとらき☆すた漬けになりそうですね(爆


ロックマンロックマン&イレギュラーハンターX バリューパック



前々から欲しかったものですが、先日の夏コミの時に秋葉で見つけました。
PSPなので、空いた時間などに気軽にプレイできるのが良いですねw

ロックマンロックマンは初代ロックマンの、イレギュラーハンターXは初代ロックマンXのリメイクです。
単なるリメイクではなく、新要素も沢山あるので、原作を楽しんだ人もそうでない人もアクション好きなら納得のいく出来だと思います。

ロックマンロックマンは、そのボリュームがハンパじゃないですw
自機もロックマン以外に、スライディングや溜め撃ちができるロックマンや、カットマンなどのボスキャラ8体、DL専用のロールちゃん、特定条件で使えるブルースと、最終的にはとても多くなります。
難易度も「らくらく」「そこそこ」「きつきつ」の3つあり、難易度ごと、キャラごとにシナリオがあるので、トータルで400ステージ以上遊べることになります。
それに加え、ステージエディットでオリジナルステージも作成でき、DLで世界中のプレイヤーが作ったステージも遊べるので、下手すると『不思議のダンジョン』シリーズ並みに遊べますw

キャラの見た目は二頭身で可愛い感じですが、難易度はやっぱりロックマンで、面によってはオリジナルよりも難易度が上がっていることもあります(汗

イレギュラーハンターXは、オリジナルに比べてアイテムの配置がほとんど変わっているので、新鮮な気持ちで遊べます。
グラフィックも2.5次元といった感じだったり、ボスとの会話や爆発の演出など、PS2の『X8』を意識した感じがしました。
(開発スタッフは同じらしいですが)

クリア後に解禁される『VAVAモード』が面白く、ステージ開始ごとに武装を変えることができたりと、Xとは違った面白さがあります。
僕的にはむしろこっちの方がはまりましたw

今回これだけの内容を2450円で買うことができたので、良い買い物だったと思います。
しばらくPSPではこれらで楽しめそうですね。


ケツイ その後

ketsui.jpg

コミケがあったのでしばらく止まってしまいましたが、ケツイ、その後もプレイして隠し要素(隠しオプション)を全て解禁しました。

本来なら条件を満たさないと行けない2周目(表、裏)が無条件に行けるようになったり、裏2周目のラストだけで出現する裏ボス、エヴァッカニア・ドゥーム様でコンティニューを可能(デフォルトではコンティニュー不可)にしたりと、ゲームをコンプするにはとてもありがたいものばかりです。
最後の最後には、敵が弾を撃たなくなる『NO BULLET』なんてのも設定できますwww

特に』なんて裏2週目なんて普通にプレイしていたら絶対に行けない(ノーミスノーボムで1週クリア)ので、おかげで最後の最後まで拝むことができました。
その裏ボスのエヴァッカニア・ドゥーム様、噂通りの凶悪さでしたwww
『怒首領蜂大往生』の緋蜂に比べればマシですが、よっぽどのSHT上級者じゃないととてもじゃないけど手のでない強さです。
デフォルトのコンティニュー不可のままだと絶対行けないですね…(汗
その裏ボスの動画があったので、よろしければ参考のためにどうぞw



あとはもう『実績』を埋めるだけです。
ゲーム中で特定の条件を満たすとその『実績』を埋めることができます。
『1面ボスを倒す』みたいな簡単なものから、特定のアイテムを通算で数万個集める、みたいなやり込みが必要なものまで多数あり、ここまで全部埋めてみたくなりますw


XBOX360 ケツイ~絆地獄たち~



入稿も終わって、前から欲しかったXBOX360を買いましたw
『ケツイ ~絆地獄たち~』どうしてもやりたかったからです。

アーケード版は地元のゲーセンでは見たことがなかったので、プレイの機会に恵まれませんでしたが、『怒首領蜂大往生』のサントラにカップリングで入っていたBGMがとても気に入って、いつかプレイしてみたいと思っていました。
この度XBOXで移植されたので、その願いもかなったわけですw

数回プレイしてみましたが、やはり難しいですね。
『怒首領蜂』シリーズとは少し違った弾避けを要求されますし、アクティブに画面内を動き回りながら弾を切り返さないと1面ですらすぐに詰んでしまいます。
最初は1クレジットしかないので、初見プレイでは3面(全5面)が精一杯でした…。
プレイ回数でクレジットが増えるので、このままやり続けていけば一応プレイは楽になっていきます。

このゲームには『表2周目』と『裏2周目』があって、後者に進まないと真ボスが拝めないようになっています。
そのためにはノーミスノーボムで1周目をクリアしないといけないので、かなりきついです(汗
果たして真ボスのドゥーム様を拝める日は来るのかどうかwww(爆

このゲーム以外にも、ダウンロードコンテンツで『ロックマン9』と『10』早速購入しました。
しばらくはこの3作品で楽しめそうですw




Copyright ©風来亭 on the web. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。