風来亭 on the web

日々趣味を楽しむ人生の風来人『緋竜』が主宰する、同人サークル『風来亭』のweb版です


冬への準備(4)

裏表紙
冬コミに向けての進展状況ですが、とりあえず裏表紙の基本デザインができました。
これをベースに、あとは細かい味付けをしていくといった感じですw

今のところ予定どおり進んでいるので、少し楽な気持ちで本編に入れそうです。
これからが本番なのでがんばります。
トリスタやポップンのやりすぎには注意しないと、ですねw(爆

昨日準備会から冬コミの受け付けはがきが届きました。
まずは第一関門突破で、ますますモチベーションが上がりますw
スポンサーサイト


転職間近

とりすた35
トリスタでエントリー書くのも久しぶりですねw
一番のメインキャラである『こなた』が、もうすぐ2次転職を迎えることになりましたw

とりすた34
『審判の門』と呼ばれるこの場所を開くのが、2次転職の第一歩です。
ここはキャラのレベルが130になれば開くことができます。

とりすた36
中に入ると、さらなる上位職に転職させてくれるキャラがいるので、イベントをこなせば念願の2次転職達成です。
もっとも今の自分の状態では、転職に必要なTMレベル(※)がまだ足りないのでこれ以上から先に行けないんですけれどw(爆
とはいえもう目の前に見えている状態なので、あと少しのがんばりですね。


※このゲームにはキャラ自体のレベルに加えて、キャラの技レベルとも言える『TMレベル』というのがあり、二つは別個独立して上がっていきます。
TMレベルの方がキャラのレベルに比べて上がりにくいので、普通にゲームを進めていれば、たいていはキャラのレベルだけが2次転職に必要なレベルに達してTMレベルは全然足りない、という状況になりやすいです。

転職のためのイベントを除けば、このTMレベル上げがある意味2次転職への最大の関門といえるかも知れませんw



ちなみに今回なろうとしているのは『デュエリスト』という職ですが、決してこれ(↓)を狙っているわけではありませんので念のためw(爆
デュエリストこなた


らき☆すたOVA

らき☆すたOVA
前から言っていたらき☆すたのDVDを買ってきましたw
一通り全部見たので、感想を書いてみたいと思います。

言われていたとおり「実験的」な内容だったと思います。
日常をまったり描いた話だけではなく、話自体が『ア○ックNo.1』のパロディだったり、かがみコスプレオンパレードの話や、『世にも奇妙な物語』風な不条理で少し怖いなと思わせる話、ちょっとほろっとする話など、アニメ版では見られなかった風ないろんな内容が詰め込まれている感じです。

ネトゲの話はトリスタをやっていると身につまされる話が多く、つい何度も頷いてしまいましたw
また、みさきちやななこ先生の出番がかなり多いので、好きな人にはいいかもしれませんw

とにかく、久々に動くらき☆すたが見られて良かったですw

少し難を言えば、収録時間の割に値段が高い(6000円)ということと、最後の実写版らっきーちゃんねるが少し興ざめしてしまった(とはいってもスタッフロールも兼ねているシーンなので、アニメ版後半のスタッフロールの延長と思えばいいのかもしれませんが)、ことですね。
話自体は面白かったので、もう少し時間を長く楽しみたかったですw

らき☆すたフェア特典
アニメイトでは『らき☆すたフェア』をやっていて、らき☆すた関係の品物を買えば1000円ごとに1枚写真のようなステッカーをもらえます。
ステッカーは全7種類で、OVAで6000円使ったので6枚もらえました。

らき☆すたチョコレート
こんなのも出ていたので、つい買ってしまいました。
今思えば上記のステッカーのこともあったので、もう後一つ買えば最後のステッカーも手に入ったのに…w(苦笑
ななこ先生、ごめんなさいw(爆


冬への準備(3)

フォトショップ
最近ブログの更新が少し滞っていてすみません(汗
今も絵の作業中で、こんな感じに描いていますw

最近気分が乗っていて、どんどん描きたい気分です。
こういうテンションのときに作業を進めるに限りますねw
忙しい中でも、その日ごとにノルマを決めてやれば苦痛にならずに進められる、と個人的に思います。

少し気分的に楽になってきたので、そろそろ他の話題にも触れたいですね。
ここんとこ絵の話ばっかりで、書きたいことも少したまってきてますw

とりあえず明日はらき☆すたOVAの発売日ですねw
明日は仕事で買いに行けないので明後日買う予定です。
買ったらまたここでも触れることになるでしょうw


冬への準備(2)

表紙案
最近こんなの作っていました。
冬に出す新刊で表紙に使う予定の絵です。
実際のデザインは多少変わる可能性がありますが、だいたいはこんな感じになるかと思われます。
ブログ掲載のために無理矢理縮めたので多少粗っぽく見えていますが、実際の絵はもっとなめらかですw

予定としては、9月中までに表と裏の表紙データを作成する予定です。
今回初めてですし、余裕を持って12月最初には入稿したいので、計画通り進めたいですねw


コンプティーク10月号

コンプティーク10月号
珍しく、『コンプティーク』の10月号を買ってしまいました。
普段はそういった雑誌類はあまり買わないんですが、今回の付録に惹かれて買いましたw

付録カバー
先日発売のらき☆すた6巻にそのまま使える、掛け替え用のカバーです。
単行本の帯にも書いていたので前から知っていましたが、見たところ、思ったよりも出来は良かったですw

付け替え
ということで実際に付け替えてみました。
こなたじゃないですが、今回は普通のカバーのと、この付け替えカバーのとで単行本が2冊欲しくなりますねw

コンプティークの中身についても、今回はOVA発売前ということもあってらき☆すたの特集が組まれていました。
『らき☆すた分』がいつもよりかなり多かったので、そういう意味でも今回は買って大正解だったと思いますw


冬への準備

冬コミに向けてぼちぼち準備に動いています。
今は表紙を作っているところで、もしかすると近いうちに叩き台をお見せできるかも知れませんw

今回はサークル初のオフセットに挑戦しようと、今具体的に印刷屋さんのことを調べています。
調べてみた限りでは、県内には残念ながら同人誌印刷をやってくれるところが見あたらなかったので、東京などの大手の印刷屋さんに頼むしかないようですw

事前にオフセットを出した経験のある友達からある程度情報を得てはいたものの、具体的な話になると全く分からないことだらけで、思うように進まなかったりしますw(汗
その辺は自分で調べたり、印刷屋さんに問い合わせたりして少しずつ探っていっています。

初めてのことをするわけですから、いろいろと分からないことが出てくるのは当たり前ですねw
何はともあれ、冬までに完成目指してがんばります。


検索ワード

うちのブログはアクセス解析機能がついてるんですが、それで検索ワード(どういった言葉で検索してここにやってきたか)を見ていると時々面白いですw

一番多いのは『KOF98UM 隠し 出し方』の類で来る方です。
KOFのことはたった1回エントリーで書いただけなのに、これらの言葉が検索で引っかかるようでそれを目当てに来られる方が多いみたいです。
予想もしてなかったことなので、正直驚いています。

せっかく来て下さった方には申し訳ないんですが、具体的な出し方についてはここでは詳しく触れてはいないので、詳細が知りたいなら他の攻略サイトの方がいいかもしれませんw

他には予想通りというか、ポップンやトリスタ、らき☆すた関連の検索ワードで来る方が多いですが、一つ面白いのがあったので紹介します。

『ポップン マジカル4』

原因はこのエントリーですねw
何人かこの検索ワードで来られてたんですが、求める情報ではなかったかと思われますw(苦笑

知らない方に説明すると、『マジカル4』とはポップンに出てくるキャラの名前です。
詳細はこちらで見られます。
さっき触れたエントリーで書いたとおり、時間があるときに4人のコスプレの絵を描きたいですねw


ポップン16 サウンドトラック

ポップン16サントラ
発売日より遅れてしまいましたが、今回もポップンのサントラを購入しました。
14辺りから店頭販売なしでコナミスタイルの通販でないと買えなくなってしまったので、ちょっと面倒ですねw

毎回買うたびに思うことではあるんですが、ゲーセンでボタンさばきながら聴いてる名曲を、家でゆっくり聴けるのはいいですねw
サントラ聴いていてある曲で自分が今まで気づいてなかったフレーズやパートに気づいて、それが未クリア曲の攻略のヒントになった、ということもあるので侮れませんw

今回一番の神曲と思っている『亜空間ジャズ』も、1曲リピートしまくって聴いていますw
途中のフレーズはゲーセン版よりも重厚で格好良くなっていて素晴らしいです。
最後が尻切れトンボみたいになっていて、少しカタルシスに欠けるのが残念ですが…w
最後の曲の締めだけはゲーセン版の方がいいですね。

夏コミ以降買ったCDが多いので、当分は楽しめそうです。


トルネコの大冒険2

トルネコ2
夏コミの時に秋葉原で買ったサントラを聴いていて、懐かしくなって再び立ち上げてしまいましたw
それが今日紹介する『トルネコの大冒険2』です。

以前のエントリーで書いた『アスカ』とは違って、これは無事にデータ残っていましたw

ロトの剣
ロトの盾
極限まで鍛え上げて、特殊能力(マイナス能力を除く)を全て合成した最強の武具です。
これらを作るために、何百回ダンジョンに潜ったことか…w

この頃は付けられる能力の個数に制限がなかったので、とことんまで強くすると持ち込みが出来るダンジョンではほとんど敵なしでしたw
そのためか、以後の作品では付けられる能力の個数に制限がついたんですが、個人的には制限なしの方が好きですね。
これだけのものを作るにも、それなりの苦労をしている訳ですからw

余談ですがこのゲームにはバグがあって、レアアイテム『黄金のつるはし』を取ったときに本来の効果『壁を掘れて壊れない』が得られない場合がある、というものです。
100%起こるわけではないらしいのですが、僕もこのバグに遭遇してしまいました。
救済措置として、『黄金のつるはし』を取った状態のメモリーカードをチュンソフトに郵送すれば、正しく効果の出るデータに書き換えてもらえるということをやっていました。

つるはし送り状
当然、コンプしたさにメモリーカード送りましたよw
これが当時チュンソフトからデータ返送されてきたときの送り状です。
この記事書くために引き出しの奧に眠っていたのを探し出したんですが、日付を見てびっくりしましたw>平成12年
もう8年にもなるんですね…。


続きはこちら >>



らき☆すた6巻

らきすた6巻
今日はらき☆すた6巻の発売日でした。
仕事を早く上がれたので、その足で買いに行きましたw

内容一通り見ましたが、今までに比べて『背景コンビ』の二人の活躍パートが増えている印象を受けましたw
先日買ったドラマCDっぽい話(みさおの宝くじの話)なんかもあり、おそらくアニメ版での人気故なんでしょうね。
この二人ほどではありませんが他のサブキャラも登場率が増えている感じでした。
PS2版ゲームのオリジナルキャラである永森やまとが出ている(といってもカバーの裏だけで、本編には絡まない)ぐらいでしたからw

こなちゃん達が卒業したという回まで全て収録されていました。
こなちゃんも大学には合格したようでとりあえず一安心w
最後には教習所に行ってるという描写がありましたが、それ以降はどうなるのか。
まだまだ終わりではないらしいですが、彼女たちが今まで違う世界に行ってしまうのはちょっと一抹の寂しさを感じますね…w

卒業したという次の回ではまた高校生活に戻っていて、エンドレスに続くんかい!って一瞬思いましたが、『コンプティーク』と『コンプエース』に載せた話の違いだったんですねw

アニメイト特典
市内のアニメイトで買ったんですが、このような特典が付いていましたw
(アニメイト限定特典だそうです)
キャラ一人一人に美水先生のコメントがついているキャラクターブックで、資料的価値が高い一品ですね。

こなたぬいぐるみ
単行本とは直接関係ないんですが、横にこなちゃんのぬいぐるみが並んでいたので、つい買ってしまいましたw
他にはかがみのぬいぐるみも出ていました。

どうやら9月25日から『らき☆すた』フェアが始まるようで、ちょうどOVAも発売されますし、アニメイトにはまた行くことになると思いますw


セーブデータ&ウラワザ大全2008

裏技大全
らき☆すた6巻を買うつもりで本屋に行ったら置いてなかった(発売日勘違いしてました(汗)ので、代わりといっては何ですがたまたま目について手に取った本ですw

裏技よりも、セーブデータの多さに惹かれて買ったという感じですね。
先月秋葉原で買った格ゲー『北斗の拳』のセーブデータもあり、なかなかこのゲームに手に付いてなかったのでありがたかったです。
拳王様(ラオウのCPUボス仕様)の強さをたっぷり堪能できましたw(爆
普通に解禁しようとすると結構手間がかかるので…。
ちょっと前のゲームで、隠し要素を全部出すための時間がなかなか取れないという時にはありがたいですね。

裏技で思い出しましたが、昔はネットもなくてゲームの攻略は攻略本が頼りでした。
そのため、やっているゲームの攻略本はたいてい買っていたんですが、最近はこの類の本を買うのがめっきりと減ってしまいました。
ネットで検索すればゲームの攻略情報はすぐに見つかりますし、下手するとゲームの発売日に情報がもう出回っているなんてことも珍しくありません。
しかも、元々攻略本は無駄としか思えないほどやたらにフルカラーや質のいい紙を使っていて1000円台とか高値であることが多く、昔はそれしか頼る情報がなかったのでやむなく買っていましたが、今ではそういった情報がネットで無料で手に入りますから、攻略本の意義が昔に比べたらずいぶん薄れた印象がします。
僕も、今攻略本を買うのはよっぽど気に入ったゲームの資料的な意味合いとしてしか買っていません。

10何年もゲーマーやっていると、こういう面でも時代が変わったなと実感しますねw


風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!

女剣士アスカ
ここ数日大事な仕事を抱えていて、更新がお留守になっていました(汗
ということで、数日ぶりの復活ですw

昔買ってやりこんだゲームを久しぶりにやってみたくなる、というのは誰にも(?)あるかとは思いますが、僕も2年ほど前にドリームキャストでやっていたこのゲームを出してみました。

…データ全部消えてましたorz

極限まで作った最強の武具、全部覚えた技、エレキロボ(後述)、ぜ~んぶ無くなってました(TT
せっかく今度こそ白蛇島(最後の隠しダンジョン)クリアしようと思ったのに、また最初からやり直しです…
そう思うとさすがにプレイする気力が萎えましたねw(爆

このゲームはトルネコやシレンで有名な『不思議のダンジョン』シリーズの一つです。
おそらくダンジョンの種類の多さは全作品でも1,2を争うと思われるほど、いろんなテクニックを要求されるダンジョンが出てきます。

杖と巻物だけでのクリアを要求されるダンジョン
自分のHPが30固定で一切増えないダンジョン
最初に壊れないつるはしを持たされて、壁で閉ざされた部屋を掘ってゴールを目指すダンジョン
罠を持ち運びして敵を倒したり道を開くダンジョン
技を覚えながら進むダンジョン

そのため覚えないといけないことが多く、やや上級者向けの作品になってしまったのは否めませんが、このシリーズが好きな人ならかなり長い間遊べるかと思います。

この作品オリジナル要素としては、敵とほぼ同じ能力を持つ『エレキロボ』を育てられることです。
このシステムはシレンの『肉』システムをさらに進化させた物で、仲間として連れ歩けたり、自分が装備して敵の能力を使ったりと、その場に応じて使い分けができます。
攻撃だけではなく、敵をおにぎりにして食糧を確保したり、敵から武具を弾いて入手したり、所持アイテムを合成したりといった能力を自分で使うこともできます。
もちろんその能力をを持つエレキロボを入手する必要はありますが。
自分と同じでレベルも上がり、一定以上のレベルになるとさらに強い種類にランクアップも可能です。
僕はゲームの半分以上はこのエレキロボを育てるのに費やしたほどで、個人的に結構はまる要素だと思いますw

現在ドリームキャストで遊ぶのが辛いという場合は、その後追加ダンジョンなどが増えたWindows版もでていますので、興味がある人は是非w

また時間に余裕があるときに、最初からやってみたいですw


敵将、討ち取ったり(違

トリスタですが、ここしばらくの間で持ちキャラでボスを何体か倒したので、その成果を載せたいと思いますw

とりすた31

とりすた32

とりすた33

それと、これをやっているうちに発見したんですが、以前記事で書いた内容に一部誤りがあったのでこの場を借りて訂正させて頂きます。

このエントリーで、「アップデートの時期の関係で戦えないボスがいる」といった趣旨のことを書きましたが、これは、アップデートで追加されたそのボスと対戦できるレベルが30までとされているため、それを超えた場合(アップデート時点で規定レベルをオーバーしている場合)は戦う手段がないと考えていたためです。
しかし、実際はレベル30を超えたキャラでも、300,000ゲルダ(注:ゲーム内での通貨)を支払えば対戦が可能です。そのため、僕の場合3キャラのうち2キャラはまだコンプリートできる可能性があります。(一人はすでに他のボスを逃してるので駄目なんですがw)

攻略Wikiなどにも書いてることなのに、見逃してしまった僕が悪いんですが(汗
間違ったことを書いてしまい、申し訳ございませんでした。


  TopPage  



Copyright ©風来亭 on the web. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad