風来亭 on the web

日々趣味を楽しむ人生の風来人『緋竜』が主宰する、同人サークル『風来亭』のweb版です


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


VARTH ~OPERATION THUNDER STORM

バース
今週も相変わらず忙しいですが、今日通勤時にまた昔のゲームサントラ引っ張り出して聴いていたらどうしても記事にしたくなりましたのでw

今日紹介するのは『VARTH ~OPERATION THUNDER STORM』(以下『バース』)
1992年にゲーセンで稼働したカプコンのシューティングゲームです。
ステージ数は全30面で(1面あたりの長さは2,3分程度で終わる程度)、普通に進む通常ステージの中に、時々ボス戦だけを行うステージが混じるという感じになっています。
このゲームの最大の特徴は、無限に敵弾を防ぐことができる装備『ポッド』と、無限に使うことができるボンバーです。
この二つの要素のおかげで、当時のシューティングとしては難易度は低い部類に入っています。

ポッドは自機の周辺を回転しながら弾が飛んできた方向に自動的に動いてくれる『ファジィ(当時の流行語でしたねw)ポッド』と、前方向に固定して正面からの攻撃をほぼ完全に防いでくれる『フロントポッド』の2種類があり、ゲームスタート時に選ぶことができます。
こう書くと『ファジィ…』の方が初心者向けに思えるかも知れませんが、実際やってみるとなかなか思うように動いてくれない上、多方向から弾が来るとどうしょうもないので、『フロント…』の方を使って常に正面に弾を受けるようにして進むのがセオリーでした。

ボンバーは、他のシューティングと同じようにアイテムを取ることによって最大5つまで持てますが、所持数が3を割ると、ボンバー表示の所に小さなゲージが出現します。
このゲージは時間でもゆっくり回復しますが、レバーを回転させることによって回復速度を早くさせることができます。
このゲージが満タンになることによってボンバーが1発補充されるという仕組みで、つまりは3発は常に持っておくことができるということです。
攻撃の激しいボス戦や、後半戦ではポッドでは防げない攻撃も増えてくるので、このようにして常にボンバーをストックした状態にしておくことが重要でした。

ただ、このシステムによって常にレバーをガチャガチャやっていなければならず(特に後半)、敵自体も硬いので常に連射が要求されるゲーム性になってしまっています。
その上、1面1面は短いと言っても30面もあるのでかなりの長時間プレイを要求されるため、実際プレイすると結構疲れます(汗
さらには頻繁にかかりまくる処理落ちがプレイ時間を間延びさせるのに拍車をかけています。
この辺が、ヒットには繋がらなかった要因なのかも知れませんね…。
さらに残念なことに、ちょうど稼働当時はスト2全盛期だったこともあり注目度もあまり高くなく、ゲーセンではさほど長続きしませんでした。

とはいえ、音楽は今でも時々聴きたくなるほど印象に残っていますし、所々で入るボス戦の緊張感は個人的にたまりません。
特に15面と24面に出てくる列車砲のボスや、ラスボスの出現シーンはもっとも好きですね。
この作品は、国内での移植は未だありませんが、海外版のみ発売されている『Capcom Classics Collection Remixed』に移植されています。
注:ご指摘があったので、記事の一部を訂正しました。

最後に一つ、このゲームにも一つ思い出があって、ちょうど僕が大学受験していた頃でした。
京都の某大学を受験する際、下見に行った帰りに大学キャンパスの近くでゲーセンを見つけたので入りました。
そこでバースを置いてるのを見つけてやってたんですが、いつもは7面ぐらいまでしか行けないのが、この日に限ってはノーミスで13面あたりまで進めていました。
ここでちょっと魔が差してしまったというか、ここまで来たら後には引けないと言わんばかりに、最後見たさに何度もムキになってコンティニューしてしまい、気づけば2時間以上もゲームと格闘してしまいましたw(爆
(後ろで待っている人はいなかったのですが)
ようやくたどり着いたラスボス戦だけで10回以上もコンティニューして、何とかクリアして初のエンディングを拝めましたが、ずっと向かい合っていたせいか背中と目と頭が痛かったですw(爆

結局その大学とは縁がなかったんですが、今でも某大学の名前を聞くとバースのことを連想してしまう、そんな思い出でしたw
スポンサーサイト


らき☆すたコミックアラカルト ~ブリリアント☆すたー~

アンソロ4巻
そういえば今日は東京でらき☆すたのライブやってますね。
前から言っていたとおり仕事があるので無理でしたが、DVDでも出て欲しいところですw

本題に入りますが、前回の記事で触れたとおり、らき☆すたのアンソロジー4巻『~ブリリアント☆すたー~』が26日に発売されたので、アニメイトで買ってきました。
こなかがの百合ネタや、かがみんのツンデレネタなどネタがテンプレ化している感もありますが、全体的には相変わらず面白く読めました。
これは初代の頃から言えますが、作者によって当たりはずれが大きい感じもします。

個人的には、武蔵屋長元坊先生、ゆ~のす先生、あかりりゅりゅ羽先生辺りのネタが好きですね。
武蔵屋長元坊先生のネタに出てくる『こなちゃん仕様自転車』は、実際欲しいですw(爆
ゆ~のす先生は百合色が強いネタが多いですが、つかさの4コマネタは今までにはないシュールな感じで笑いました。
まさかつかさがレイジングストームを出せるなんてw(爆
あかりりゅりゅ羽先生の話は、ゲーム版『陵桜学園桜藤祭』クリア後のゆーちゃんシナリオを思い出しましたw
ゲームとシチュは若干違うんですが、ゆーちゃんとみなみの微笑ましい友情物語って感じで読んでいて心が温かくなります。

原作もまだ終わってはいませんが、このシリーズはこれからもまだまだ続けて欲しいですねw


久しぶりのアニメイト

アニメイト収穫物w
今日は久しぶりに仕事を早く上がることができたので、帰りにアニメイトに寄っていました。
ずいぶん来れない間に、新しいらき☆すたグッズやら本やら出ていたので買ってしまいましたw
今日買ったのは以下のとおりです。

1.らき☆すたコミックアラカルト ~ブリリアント☆すたー~
2.らき☆すた 名場面線画集~3年生~
3.らき☆すた デスクマット

今日は1が一番の目当てでした。
今日発売するのを事前に知っていたので、これを買うのが目的だったんですw
まだ中身は詳しく読んでないんですが、近日中に個別にエントリーを書こうと思います。

2はアニメ後半期(13~24話)の、実際にアニメで使用した線画カット集です。
個人的には、22話のかなたさんとそう君の感動シーンも収録されていたのが嬉しかったですw
純粋に絵を描くための資料にもなるので、落ち着いて絵を描くのを再開したときには使ってみたいです。

3は使わないと言えば使わないんですが、つい…という感じです。
こなちゃんが出てると欲しくなると言うか…やばいでしょうかねぇw(爆

アニメイトで買い物した後は久しぶりにポップンもしてきました。
今日は心なしか調子が良くて、久しぶりにレベル42の曲をいくつかクリアできましたw
そういえば前に初めて携帯の待ち受けにこなちゃんを入れた日も、レベル43の曲(クラシック9EX)を初めてクリアできたりしたので、こなちゃんのご加護だったのかもしれませんねw(爆

平日は仕事で終われることが多くて遊ぶ余裕がなかったので、今日は新鮮な気持ちでとても楽しかったです。
まだあと1ヶ月ぐらいは多忙な日々が続きますが、間を見て遊びたいですね。
人生は楽しまないとダメですからw


新ギルド立ち上げ

とりすた60
久しぶりのトリスタネタですw
今日は、この場をお借りして宣伝をさせていただきたいと思います。

色々あって、自分で新ギルドを立ち上げることになりました。
ギルド名は『陵桜学園カバリア分校』ですw(爆
ギルド立ち上げるようになったのは成り行き上の理由もあるんですが、ギルドマスターになったからには頑張りたいと思います。
今はメンバー全員が多忙なため思うように活動できないところもありますが、落ち着いてきたらメンバー同士のクエストなどを考えています。

とりすた61
ギルドでは現在メンバーを募集しています。
活動場所は、ファンタジアサーバーのドリームアイランドです。
うちのモットーは『相互補助』です。初心者援助も含め、メンバー同士で助け合える雰囲気を目指しています。
もちろん初心者大歓迎です。
また、ギルド名は関係なく別に『らき☆すた』を知らない方でも大歓迎ですw

現在は3名で細々と活動しているギルドですが、楽しくまったりしたギルドを目指していきたいです。
もしこの記事を見て興味を持った方がいらっしゃったら、この記事にコメントを付けて下されば幸いです。
(入会などの具体的なお話は、日時を指定してゲーム中にお話しすることになります)
あるいはゲーム中で僕やメンバーを見つけたときに声をかけていただいても結構です。
メガロのギルメン募集掲示板も定期的に更新していますので、そちらの方もご参照下さい。

僕自身もまだまだマスターとしては未熟ですが、新ギルド『陵桜学園カバリア分校』をよろしくお願いします。


コンプエース4月号

コンプエース4月号
たった今のことですが、コンプエース4月号を買ってきました。

知り合いのブログを見ていたところ、4月号の付録に特大のこなちゃんポスターが付いているのを知りました。
その記事を見た途端、もういてもたってもいられなくなったので、閉店1時間前の近くの本屋に車を走らせましたw(爆

ちなみにその付録のポスターがこれです。
理屈なんか要りません。こなちゃん、ものすごく可愛いです!
これはもう持っておくしかないでしょう!といった感じですねw
こなちゃんポスター

このポスターはリバーシブルになっていて、裏はこんな感じです。
裏の絵柄もとても可愛いのですが、やっぱり僕は上の方が大好きですw
ポスター裏側

雑誌の方も、先日買ったコンプティーク4月号と同じく、今度のライブ情報が載っていました。
ライブの情報見てると気持ちがわくわくする反面、行けない自分が少し悲しくもありますね(苦笑
こんなにらき☆すたが、こなちゃんが大好きなのに、それを行動に表せないなんて…と思うと少しもどかしいですw

話は少し逸れますが、以前ある人が「どうしてそんなにこなたにこだわるの?」と聞いてきたことがありました。
今回書こうかどうか迷いましたが、少しだけそのことに触れてみようと思います。
もしこなちゃんがいなかったら、僕はおそらく今頃ここでこうしていなかっただろうからです。
プライバシーに関わる上、暗い話はあまりここで書きたくないので詳細は伏せますが、僕に再び生きる気力と希望をくれたのは、他ならぬこなちゃんだったんです。
そしてその出来事以来、こなちゃんは僕にとって心の相方になりました。
僕にとっての命の恩人であり、僕に再びぬくもりを思い出させてくれたのも彼女でしたから…。
だから僕はこなちゃんのことが大好きです。
2次元なんて…と思う人もいるでしょうが、時には3次元以上に人を救う場合もあるんですよ。
そしてその彼女のために、少しでも何かしたいと思うのは当然のことでしょうw

とまあ、湿っぽい話はここまでにして、とw

今後のことですが、今度の夏コミで長期滞在するときに、スケジュール次第ではもう一日滞在して鷲宮神社に行ってみようかと思いますw
聖地巡礼というのには元々興味なかったんですが、これだけ有名になってみんな行っているのをみると、僕も一度は行ってみたくなったんです。
神社や街の雰囲気を直に見てきたいと思うのと、地元でしか手に入らない、こなちゃんのグッズなども買ってきたいですw
スケジュール次第なので今のところは断定できませんが、今からぼちぼち計画していますw


ポップンミュージック17 THE MOVIE(2)

コアロック
今日は久しぶりの休みだったので、ポップンやってきましたw
人もそんなにいなくて、長時間プレイできたのでかなりのEX譜面を解禁することができました。
あと6曲解禁すれば新曲は全て達成です。

新曲のボス譜面の二つ目、『コアロック』EXも今日クリアできました。
譜面自体も体力使う上に、ゲージが全然増えないので精神的に疲れます(汗
ゲージが見えるとどうしても増えないことに気を取られてしまうので、汗を拭くタオルでゲージ部分を隠して譜面にだけ集中したらクリアできましたw
曲は好きなので、クリア後ハイパー譜面でまったり楽しんでいます。
ハイパー譜面を全繋ぎする勢いで練習することによって、EX譜面のBADを少しでも減らすという目的もあります。

昭和ノワール
意外な伏兵だったのが『昭和ノワール』です。
レベルの割にノート数が多くて結構取りにくい配置がなされている上、最後で殺しにかかってくるという譜面で、最初2回はクリアできませんでした(汗
『グロッソラリア』EXと、『ヒルビリー』EXとを足して2で割ったような譜面のように感じました。
個人的には『忍者メタル』EXより難しくて、次回では41に昇格して欲しいと思ったぐらいですw


コンプティーク4月号

コンプティーク4月号
今は一年で一番仕事が忙しい時期なので好きなことが思うように出来ませんが、なんとか生きていますw

コンプティークの4月号にこなちゃんのフィギュアが付くということを知って、購入してきましたw
普段は雑誌類とかあまり買わないんですが、こういうときは特別ですね。

ヴィネットこなた
で、早速組み立ててみました。
雑誌の付録物にしては、細かいところまで作られていて出来がいいです。
見ているとつい心が和みますねw

その他らき☆すたの情報としては、3月29日に日本武道館で開催されるらき☆すたのライブ『あなたのためだから』の情報も掲載されていました。
僕も行きたいところですが、こんな忙しい時期に有給なんてとてもじゃないが取れませんorz
後でライブのDVDなど出てくれたら買いたいですね。

ライブイラスト
今回のライブ用に書き下ろされたと思われるイラストが載っていました。
真ん中のこなちゃんはいいんですが、みゆきさんがいないところが、ある意味今回(遠藤綾さんが参加できない)を象徴しているというか…w(苦笑

もう一つの情報として、らき☆すたのキャラが『スト4』のキャラのコスプレをしたねんどろいどが発売されるようです。
らき☆すたとスト4とは元々コラボが行われていて、家庭用スト4のオリジナルステージの背景に、こなちゃんが描いたラクガキが登場するというサービス要素があるんですが、今回はコラボの続編のようですw
そのため美水先生が書き下ろしたラフが載っていて、こなちゃん=ガイル、かがみん=リュウ、つかさ=ケン、みゆきさん=C.ヴァイパーでしたw
どんなのが出るか楽しみですが、個人的には性格的にリュウとケンは入れ替えた方がしっくりくるように思いましたw(爆

ここしばらく、特に最近は忙しかったので、久しぶりにこうやってらき☆すたの情報に触れたような気がします。
特に新しい姿のこなちゃんを見ると、自分の中に活力が湧いてくるのを感じますねw(爆


ポップンミュージック17 THE MOVIE

ポップン17
とうとう念願のポップンの新作『17 THE MOVIE』をプレイできましたw
先日の記事では2月26日稼働と書いていましたが、その後稼働日が3月4日に延期になってしまいました。
どっちにしてもプレイできたのは昨日なので変わりありませんがw

やはり今回も楽しい曲が多いですw
気になっていた版権曲は、『ポリリズム』、『キセキ』(ドラマ「ルーキーズ」主題歌)、『ルージュの伝言』(ユーミン)、『羞恥心』、『夏祭り』(ジッタリンジン)、『ブルーバード』(アニメ「ナルト」OP)、などでした。
『夏祭り』は太鼓の達人で入っているのを見てポップンでもやってみたかったので、個人的にありがたいですw
そのほかではALI PROJECTの『暗黒サイケデリック』が『アリプロ2』として収録されていました。

忍者メタル
ロケテストの時から気になっていた『忍者メタル』もプレイしてきました。
ロケテの時から変わってなくて、同時押しや階段、譜面のいろんな要素が詰まった良譜面でプレイしていてとても楽しかったです。
今は解禁に忙しいですが、解禁が落ち着いたら何度もやり込みたいですw

もう一つのボス曲である『コアロック』は、譜面は簡単ですがノート数の関係でゲージがなかなか増えない辛ゲージ仕様になっているので、想像以上に難しいです。
今までは一部のボス曲の専売特許な感じもあった辛ゲージが、レベル41の曲にも初めて出てきました(汗
他の譜面を極限までBADを減らしてやり込んだ後にやった方がいいかも知れません。

やはり新作が出ると毎回新鮮な気持ちで楽しめますねw


THE KING OF FIGHTERS 2002 UNLIMITED MATCH

KOF2002UM
土曜日にとうとう買ってきましたw
しかし、いざ買おうとしたら周辺のショップにどこも置いてなくて、車で20分ぐらい行ったところにあるショップで見つけて買いました。

全体的な印象としては、ものすごく気合い入っているなという感じでした。
OPのデモから始まって、対戦前のデモ、ボス登場デモなど、見ていて鳥肌が立ちそうになるほどでしたw
無印版では全くといっていいほど印象に残らなかったBGMも全部新しい物になっていて、凄く印象的なものが多かったです。
久しぶりにサントラが欲しいと思えたゲームでしたw
もう出てるみたいなので、今度見つけたら買おうと思いますw)

鉄○の代わりに登場したネームレスも格好良く、主人公の名に恥じないキャラになっていました。
技自体は鉄○なんですが、ネームレスのキャラクターに合わせたものに見た目がアレンジされていて、違和感は全くありませんでした。
その鉄○ですが、ネオジオモードではちゃんと使えましたw(爆

無印版は個人的に地味な印象があったので、あの2002がこんなに化けるなんてと驚いてしまいましたw
全体的な演出のすごさは98UM以上だと思います。

外面だけではなくて、ゲームの中身も遊びやすくなっている感じでした。
操作性はもちろん、ロード時間も全くと言っていいほどないので快適に遊べます。
その他パワーMAXにしなくてもゲージが3本たまっているだけでMAX超必殺技やMAX2が出せたり、そのMAX2も無印版では訳の分からないボタン順押しコマンドになっていたのが改められたりして出しやすくなっていました。

今回の隠しキャラは、ボスキャラ以外はチャレンジモードで遊ばないと解禁されないようです。
その隠しキャラにはPS2移植の無印版に登場したギースとゲーニッツもいました。SVCのコピペなのは相変わらずでしたがw
さらにギースのパワーアップ版、ナイトメアギースまで出てきたのは驚きました。
後一人隠しがいるというのは聞いていたので、個人的にはNEOWAVEの若ギースかなと思っていましたが外れですw

その隠し解禁に必要なチャレンジモードですが、とてつもなく難しく、よっぽどのスキルを持つ人でないと自力で全制覇するのは不可能と言っていいでしょう。
救済措置として、ノーマルチャレンジ100回失敗→EXチャレンジ300回失敗で全隠し要素解禁、というのはありますが、この辺は正直辛いと思いました(汗
最後の手段として、連射パッド使って、EXチャレンジの最初の課題(ヴァネッサの飛び道具跳ね返し)のところでボタン押しっぱなしにして固定、朝まで放置して全要素解禁しましたw(爆
邪道ですけどね(汗

バランスについては、無印版をそれほどやり込んでいたわけではないので分かりませんが、そんなに変わってないと思います。
前回98UMで一部から指摘があった『ボスキャラが強すぎる』という声に応えたのか、プレイヤーが使うボスキャラはどれも攻撃力が低めに抑えられていました。
それでも元々性能が高い上に、凶悪なハメや連携、連続技を持つボスが多いので、対戦で使うにははばかられる物ですが(汗

その他細かいところとして、ルガールの声が元に戻っていましたw
ネットで見た限りでは良かったという声が多かったようですが、個人的に若本ルガール好きだったのでw
しかも今回はイグニスもいるので、イグニスvsルガールの『若本対決』が見たかっただけに残念ですw(爆

98UMもすごいと思いましたが、個人的には98UM以上に出来がいいと思いました。
これと98UMだけで、当分は格闘ゲーム買う必要がないほど楽しめますw


  TopPage  



Copyright ©風来亭 on the web. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。