風来亭 on the web

日々趣味を楽しむ人生の風来人『緋竜』が主宰する、同人サークル『風来亭』のweb版です


19XX

19XX
原稿も終わったし、ここは僕の趣味について語るブログですので、久々に僕の好きなゲームの話でもしたいと思いますw

今回紹介するのは『19XX』。
カプコン製作で1996年に稼働していたアーケードゲームです。
ジャンルはシューティングで、いわゆる『19シリーズ』の続編です。
『19シリーズ』といってピンと来ない人は、『1942』『1943』などの作品を思い出して下さいw

このゲーム、未だに家庭用に移植されていません。
このゲームが稼働していた頃は、『首領蜂』なども稼働してシューティングゲームがぼちぼちと勢いを取り戻しつつあった時期なのですが、それでもやはりシューティングは一部の人がやるゲーム、というイメージが強かったせいか、僕みたいにシューティング好きな人には人気があったものの、大ヒットとまでは行かなかった作品です。

このゲームに特徴的なのは『マーカーミサイル』という溜め撃ちシステムで、硬い敵に撃ち込めばその敵に一定時間ロックオンし、ロックオンしている間にボタンを連打すればホーミングミサイルを大量に撃ち込むことができます。
このシステムのおかげで、シューティングゲームの敵に撃ち込む快感というものを存分に味わうことができ、また、難易度もそんなに高くなく、初心者でもやりこめば十分クリアできるほどです。
それだけに多くの人に面白さを知って欲しいですが、惜しい作品だと思いますw

このゲームはBGMが素晴らしく、そのためにサントラを買ったほどです。
BGM単体だけではなく曲が場面と見事にマッチしていて、ゲームを盛り上げるのに一役買っています。
特にエンディングのBGMと演出は個人的に一番最高で、初めて見たときには思わず涙が出たぐらいでしたw

カプコンのゲーム音楽は元々クオリティが高いのが多いですが、この作品はその中でも個人的に5本の指に入るぐらいですね。

この作品は今でも移植を希望しています。
『バース』など同社の移植されていない他の名作シューティングとのカップリングで、『カプコンシューティングコレクション』とか出して欲しいですねぇw

余談ですが、このゲームは「第2次世界大戦が現代まで続いていたら…」というifの設定ですが、ちょうどゲームが稼働している頃に、大学の同期の歴史マニアの友達のこの作品のことを話したら、「第2次大戦が現代まで続いているなんてありえない!」の一言で、ゲームをやりもしないのにク○ゲーだと一蹴されたという、ちょっと苦い思い出もありますw(爆
スポンサーサイト

<< ダンジョンズ&ドラゴンズ シャドーオーバーミスタラ  TopPage  冬への準備(最終回) >>

コメント

すごい

原稿完成おめでとうございます!そしてお疲れ様でした。
らきすたのゆる~い雰囲気が生かされてて楽しい漫画ですね。印刷がどんな仕上がりになるのか楽しみです。
19シリーズですか、自分も昔好きだったので懐かしいです。といっても下手くそで全部クリアしたことはありませんでしたが(汗)
単純明快なシューティングゲームでしたね。第二次大戦が舞台なのも、レシプロ機好きの自分の琴線に触れました。残念なのは、敵キャラが日本機だった事です。

歴史にIFは禁物ですからね…そのお友達、もしかして信長の野望とかもダメなのかな?

2008.11.25   銃太郎   編集

19シリーズ

>銃さん
こんばんは。書き込みありがとうございましたw

>原稿完成おめでとうございます!そしてお疲れ様でした。
ありがとうございますw
自分が描いたネタが本ではどのような仕上がりになっているか、少し不安でもあり、楽しみでもありますね。
やるべきことは全てやったんだから、あとは黙って結果を待ちます。

>単純明快なシューティングゲームでしたね。
僕が一番好きなのは1943ですね。
1942は面が多すぎ、1943改はショットガン強すぎでゲームバランス崩壊してるし…って感じで、個人的に一番適度に楽しめて、そこそこ緊張感もある作品だと思います。
最終面の大和は激強ですがw

>第二次大戦が舞台なのも
僕は軍事関係には全く疎いんですが、そういう面からこのシリーズに惹かれる人も少なくないようですね。

>敵キャラが日本機だった事です。
これに関して邪推すると、もし立場を逆にするともっとヤバいことになってたんじゃないかと思いますw(爆
この辺の話にはうるさい人も多いですし…(汗

ちなみにファミコン版では、この辺の軋轢を避けるためかどうかは知りませんが、戦艦の名前が全て三国志の武将名に差し替えられています。

>もしかして信長の野望とかもダメなのかな?
特に批判しているのは聞いたことないですが、歴史系シミュレーションは一切やっていませんでしたね>友達
ちなみに彼は『A列車で行こう』が一番好きなゲームでしたw

2008.11.25   緋竜   編集

こっちも書こうと思っていたんだった(汗)

今日はちょっと時間があったものでウロウロしすぎでスミマセン(汗)。

19XXは秋葉原HEYで結構長いこと稼働しているような。個人的にはカルベルトワーゲン大好きだったり(名前&見た目)。
あれのエンディング曲は本当に名曲ですよね。ギターが戦いの後の哀愁を誘うというか。
確かに移植はされていないですが、業務用基板がさほど高くはないし、CPS2のマザーも持っているのでちょっとだけ購入考えたことあります。
が、縦置きモニターを現在所持していないことと(お陰でトライゴンとか横シュー状態でやるというマヌケな事態に…)、CPS2の内蔵電池切れがちょっと怖くて結局いまだに購入に至らず。
CPS2基板は格ゲーに名作タイトル多いし、取り扱いも楽だし、最近は値段も安めだから(プロギアの嵐は相変わらず高いけど)内蔵電池問題なければいくつか買いたいところなのですが…

このシリーズ、私が好きなのは1943とあと1941。
1943は16面「だけ」がやたらと難しいですよね(笑)。
1941は実際はほとんど使わないけど、あの壁に自機をこすりつけてカリカリ回すのが…無駄にやりまくっていました。移植がスパグラのみってのがちょっと…。

ここはほんとおっしゃる通りカプコンシューティングコレクション欲しいです。

2009.03.11   ビッグコアMk-3   編集

どうぞどうぞw

>ビッグコアMk-3様
こんばんは。書き込みありがとうございます。
ちなみに地元では2ヶ月ちょっとで無くなりました(汗>19XX

>ギターが戦いの後の哀愁を誘うというか。
あのギターフレーズが泣かせるんですよね。
しかも、曲自体EDの「1.最終兵器発動!」→「2.必死で破壊しようとする自機」→「3.画面ホワイトアウト、地球は滅んだのか?」→「4.地平線の彼方に昇る朝日、地球は救われた!」→「5.使命を終え、彼方に飛び立つ自機」の流れに見事にシンクロしてるんですよね。
メッセージは一切出ませんが、曲の「静」と「動」と、画面の動きだけで感動的な場面を演出してるのが凄いと思いました。
シューティングでこんなにラスト感動したのは初めてでしたねw
EDシーンと曲調をここまで見事にシンクロさせたゲームは個人的にそれほどないと思っています。

>CPS2基板
欲しいと思うときもあるんですが、いざ手を出すととことん散財しそうで怖いですねw
『バース』や、他社でシューティングではありませんがコナミの『ガイアポリス』なんかは基盤欲しいと思った筆頭だったりします。

>16面「だけ」がやたらと難しいですよね(笑)
そのとおりですw
それまでは難易度ほとんど上がらないのに、最終面になると極端に難しくなるのには唖然としました。
特にボスの大和が鬼のように強く、しかも最終面はコンティニュー不可という凶悪仕様ですね(爆
初めて16面にたどり着いたときですが、とりあえずED見たかったのでコンティニューしようと思って構えていたのに、大和に撃墜された瞬間、カウントもない無情な「GAMEOVER」の文字…思わず泣きそうになりましたorz
そんな思い出も懐かしいですw

>1941
スパグラの移植版でのみ遊んだことがあります。
最終面のボスを倒した後に逃げる脱出機(?)がやたら強かった覚えがありますね。
あの自機に壁をこすりつける操作感が独特でした。
攻略上ではさほど役に立たなかった覚えがありますがw(爆


余談ですが、このブログにもたまに「capcom.co.jp」からのアクセスがあります。
もし関係者の方がご覧になってるのでしたら、カプコンシューティングコレクションの発売を強く望みたいですw(爆
それではまた~

2009.03.11   緋竜   編集


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©風来亭 on the web. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad