風来亭 on the web

日々趣味を楽しむ人生の風来人『緋竜』が主宰する、同人サークル『風来亭』のweb版です


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< ファミコンミュージック  TopPage  トリックスターイラストコンテスト >>

コメント

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒http://metroidph.blog81.fc2.com/
でブログをやっているきみきといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを残してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

2009.01.29      編集

リンク

>きみきさん
はじめまして。
『風来亭 on the web』の管理人である、緋竜と申します。

リンクの申し出ありがとうございます。
ただ、こちらとしましては、初めての方にいきなりリンクを申し込まれても、相手のことがよく分かってない部分もありますし、そのような状態で相互リンクをしても逆に失礼に当たると考えていますので、申し訳ございませんが今回の申し出はお受けすることができません。

あと、リンクを申し込まれるのでしたら、最低限のマナーは守って下さい。
本文中で書いてるからいいだろうと思われたのかもしれませんが、コメントを書く際にはお名前をちゃんと書いて下さい。
相手によってはSPAM書き込みと見なされますよ。

ということでご期待に添えなくて申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。
失礼します。

2009.01.29   緋竜   編集

達人王懐かしいですね

緋竜さん、こんばんは

達人王はまりましたね~

多分オプションに誘導ビームのような武器を使用するゲームは達人王が、一番最初だったのではないでしょうか?

初代の雷電ではホーミングミサイルはありましたが、ビームは付いてなかったですしね。

50円でシューティングゲームを長く粘れるかどうかは、連射機能が付いてるかどうかだったような気がしますw

一面の曲は今でもよく覚えてますよ。

ある時期から急にゲームセンターで達人王を見かけなくなったかと思ったら会社が倒産していたのですね…

FM-TOWNSに移植されたというのは知りませんでした。
確かウィザードリィ5もFM-TOWNSに移植していたと思いますが、今思うとFM-TOWNSは色々とマニア心くすぐるようなゲームを移植していたのですね

2009.01.29   葉月の神官   編集

きみきさまへ

きみきさま、はじめまして
こちらでいつもお世話になっております葉月の神官と申します。

無礼を承知の上で、横槍失礼いたします。

まず、相互リンクを頼む場合、最低限依頼先のブログの感想を述べるべきです。

ブログの宣伝の為にリンクを依頼するというのは常套手段ですが、
相互リンクを頼むと言うのは管理人さまの趣味や趣向に賛同し、
本当にこの先も長く付き合って行きたいという方とのみするものだと思います。

失礼ながら、いかにも不特定多数にコピペして貼り付けたような文面では
依頼先のブログの管理人の心情も無視に自分のブログだけ宣伝出来れば
良いという魂胆であるとしか、私には思えません。

この文面を見て今後も本気で付き合って行きたいと思う方が居るとは思えま
せんが、もし相互リンクしてくれる方が居られましたら、相互リンクして終わり
にするのではなく、今後も付き合いを大切にしていってください。

数だけ相互リンクを増やせば(一時的に)アクセス数だけは増えるかもしれま
せんが、上辺だけで虚しい想いをするだけだと思いますので。

あと、蛇足ですが初めての場所で絵文字は厳禁ですよ。

無礼な発言失礼いたしました。

ブログ頑張ってください

2009.01.29   葉月の神官   編集

分かる方がいたw

>神官さん
こんばんは。書き込みありがとうございました。
神官さんも達人王プレイされてたんですね。分かる方がいてくれて嬉しいですw

>オプションに誘導ビームのような武器
達人王の前作にあたる『TATSUJIN』で、これと似たような感じでホーミングするサンダーレーザーが登場します。
どちらにしても、知っている限りではこのようなレーザー系の武器が登場したのはこのシリーズが初めてですね。

>連射機能
当時は連射機能なんてまだまだ珍しい時代でしたからね。
達人王はデフォルトでフルオート連射が付いてますし、難易度のことはさておき、そういう意味でも遊びやすかった作品だったと思いますw

>会社が倒産
最初に倒産の一報を聞いたときは、つい目頭が熱くなりましたね…(TT
時代の流れかと思いつつも、やはり大好きだったメーカーがなくなるのは悲しかったですから。

>色々とマニア心くすぐるようなゲーム
これ以外にも、TOWNSでは初代『雷電』や『魔法大作戦(こちらはダメダメ移植でしたがw)』など、マニア垂涎の作品が多かったですw
雷電もお好きなようですが、TOWNS版の雷電もそんな方に是非とも遊んでもらいたいほど素晴らしい出来でしたね。
TOWNS持っていて良かったと本気で思っていた時代でしたw


それと、僕の言いたかったことを代弁してくださってありがとうございましたm(_)m
どこまで言っていいか分かりかねたところもあるので前回では抑えめでしたが、僕が上の方に言いたかった詳細も同じことですので。

2009.01.29   緋竜   編集

古い記事への書き込みですみません

はじめまして。ネットサーフィン中にこの記事と19XXに釣られてフラフラと迷い込んでしまいました(汗)。

達人王、曲いいですよね。あの曲の明るさとゲームの難易度のギャップは凄いと思いますが…個人的には2面と5面の曲が好きです。
東亜のゲーム曲は自分は鮫!鮫!鮫!とかゼロウィングあたりがいちばん好きです。
これまたゲーム(AC版)はどちらもかなり難しいですが…

達人王って難易度もですが、出回って時期も不運でしたよね。ストII全盛期でしたし。私は見事にストIIに熱中していたクチです。


何となく最近東亜プラン物のゲーム音楽を何曲か着メロ作成していたので、古い記事にも関わらずつい反応してしまいました。すみません。
こちらもFC2でやっぱりブログやっている(但し物凄くサボリ屋です)ので、気が向いた時にでもこっそり覗きに来てみてください。大したものは何もありませんが…

では、失礼いたしました。

2009.03.08   ビッグコアMK-3   編集

はじめまして

>ビッグコアMK-3様
はじめまして。このブログの管理人である緋竜と申します。
今回はご訪問と書き込みありがとうございました。

>あの曲の明るさとゲームの難易度のギャップ
本当にそうですね。
曲だけ聴くと、あの鬼畜な難易度は想像できませんw
『鮫!鮫!鮫!』は、旅行に行っていた先のゲーセンにあったのを過去にプレイしたことがありますが、2面に行くのが精一杯だった記憶があります(汗

>ストII全盛期
僕もストIIをしつつ、対戦の順番待ちをするついでに他のゲームをするという感じでやっていましたねw>当時
ストII以外にも、達人王、ゼクセクス、キャプテンコマンドー…と、熱中できるゲームが多かったいい時代だったと思います。

>着メロ作成
ブログの方を少し拝見し、音楽も聴かせていただきました。
鮫!鮫!鮫!の音楽はよく知らないのですが、きれいに作られていた感じがしました。
いかにも「東亜節」な感じがいいですよねw
他の記事もじっくりと拝見させていただきます。

今回は書き込みありがとうございました。
よろしければ、またのお越しをお待ちしています。

2009.03.08   緋竜   編集

私のほうのブログへの書き込みありがとうございます。

そういえば東亜節は東亜節でも達人王、V・V、そして鮫!鮫!鮫!も弓削さん作曲のタイトルなんですよね。
着メロ聞いていただきありがとうございます。実はあの着メロ、主旋律で明らかに音間違えている箇所目立つのに1箇所放置(汗)。

鮫!鮫!鮫!はMDに移植されていたりする(しかも難易度が易しくなっていてとてもやりやすい)ので、機会があれはそちらを是非!!
MD版のプレイ動画、超絶的に下手くそプレイですがちょっとアップしてみたので、もし良かったらまたこっそりと覗きに来てみてください(ちゃっかり宣伝)。…というか、あれは下手な私よりもうちの旦那にやらせるべきだったような(汗)。


また懐かしのゲームネタ等いろいろに釣られて遊びにきます。こちらこそよろしくお願いしますね。

2009.03.09   ビッグコアMk-3   編集

またどうぞw

>ビッグコアMK-3様
こんばんは。
度々の書き込みありがとうございます。

>明らかに音間違えている箇所
そうだったんですか?
僕が元の曲知らないと言うのもあるのかもしれませんが、聴いている限りでは違和感はありませんでしたので。

>MDに移植されていたりする
そのようですね>移植
これに限らずV・Vやスラップファイトなど、東亜系のゲームはMDに移植されることが多いようで、僕も一時期MDが欲しくてたまりませんでしたw
本体は今ならいろんなところで転がっていることが多いですが、悲しいかな肝心のソフトが無いんですよね…(涙
秋葉原でも見ましたが、東亜系のは全くと言っていいほど見つかりませんでした。

動画の方もまた拝見させていただきますね。

>懐かしのゲームネタ等
ぜひぜひ釣られてみて下さいw
僕も、これからも気が向いたら昔のゲーム話など書きたいと思っています。

よろしければまたお越し下さいませ。よろしくお願いいたします。

2009.03.09   緋竜   編集

MDソフトは

中古なので、一期一会の運もあるとは思いますが…秋葉原、結構普通に売っていますよ。
例えばこことか↓
http://www.superpotato.com/
大抵いつ見に行ってもTATSUJINとかあたりは数本置いてありますし、7日に行った時は鮫!鮫!鮫!1本だけ900円でワゴンセールに入っていました(お?と思ったけど、1本だけであとは普通にMDコーナーに2000円くらいで3~4本並んでいた。汚れがすごいとか何かあるのかな?)。
7日に目にとまったMDの東亜ゲームは…他は究極タイガー、ゼロウィング、大旋風あたり。軽くザザッと見ただけなので他にもあったかもしれませんが。

あと、こちらのブログ簡単に読んでいった限りでは東京はちょっと遠いようなので…今度こちらに来る機会がありましたら、是非秋葉原とともに総武線使って(お茶の水で中央線に乗り換えると若干早い)中野もハシゴしてみるといいですよ。
中野の駅前アーケード商店街のつきあたりに「中野ブロードウェイ」なる建物がたっているのですが、ここがまたまんだらけをはじめとして秋葉原といい勝負できるくらいのものが揃っているのでかなりオススメです。
意外と秋葉原で探していて見つからなかったものが中野であっさり見つかったり、同じものでも中野のほうが安かった、なんてこともあるので(もちろん逆もある)。

度々失礼いたしました。

2009.03.10   ビッグコアMK-3   編集

情報どうもです

>ビッグコアMK-3様
こんばんは。いらっしゃいませw

>秋葉原、結構普通に売っていますよ
お店の情報ありがとうございます。
ここも何度か足を運んだことがありますが、僕の運が悪かったみたいですね(汗

ちなみにお察しの通り、東京にはなかなか来ることができなくて、年に2回のコミケが精一杯だったりしますw
それでも一般人に比べると行くことが出来ている部類なんでしょうけど。
秋葉原にはコミケで来るたびに行っています(かれこれ6年ほど)が、お話を聞いているとまだまだ行き尽くしたとは言えないのかも知れませんね…。
秋葉原は行くたびに何か新しい物を発見できるので、大好きな街ですw

>中野ブロードウェイ
中野は行ったことがないので盲点でした。
上述の通り東京に来るのは大抵コミケのときなんですが、他の友達と遊ぶ関係もあってどうしても秋葉原、上野、新宿あたりに行動範囲が限られてしまうんですw

おそらく次に行けるのは今年の夏になると思われますので、時間があったら中野の方も散策してみようと思います。

今回はいろいろと情報ありがとうございました。

2009.03.10   緋竜   編集


管理者にだけ表示を許可する
 


東亜プランの思い出

東亜シューティング
最近絵を描いたり家で作業してることが多いのですが、そんなとき、久しぶりに昔聴いていた音楽のCDをかけてBGMにしていることがありますw
以前から度々触れてきたように、僕は昔からゲーム音楽大好き人間で、その時にはまって音楽が気に入った作品は必ずと言っていいほどサントラを購入してきました。

ちなみに最近聴いているのは『V・V(ヴイファイブ)』『達人王』という二つのゲームのサントラCDですw
そこで今日は、上記の作品を発売したメーカーである『東亜プラン』について触れたいと思います。

東亜プラン(以下『東亜』)は1984年~1994年に存在していたゲームメーカーでした。
80年代当時はシューティングゲーム全盛期と言ってもいい時代で、この東亜もそんな時代の中で数多くのシューティング作品を提供してきました。

有名どころとしては『TATSUJIN』『究極タイガー』などで、古くからのゲーマーなら知っている人も多いと思います。
『弾を避けながら敵を撃ち、危なくなったら緊急回避のボム』という単純なルールなため、初心者にも取っつきやすく、当時のゲーセンでは多くの人がプレイしていたのを見たことがあります。
また、これは今日のシューティングゲームに連綿と続いている基本プレイスタイルであり、この時から既に完成していたわけです。

一時期はシューティングゲームの大御所的な存在となりましたが、高難度のゲームを次々と製作した結果シューティングゲーム全体の難易度インフレを起こし、シューティングブームの衰退を招いてしまったという残念な面もあります。
そして1994年に倒産という憂き目に遭いましたが、現在でも多くのファンがいるほどであり、この僕もそうだったりします。
現在プレイしても全く色あせない作品の魅力は、そう簡単に忘れられるものではありません。

余談ですが、この東亜のスタッフの一部が後に立ち上げたのが『ケイブ』です。
『怒首領蜂』などの完成度の高いシューティングゲームを製作し続けていて、その血脈は現在でも受け継がれています。

僕が東亜のシューティングゲームにはまっていたのはちょうど高校~大学の頃で、その当時発売されていた『達人王』をクリアしようと必死になっていましたw
この作品は東亜作品の中でも1,2を争うほどの高難度のゲームでしたが、取っつき自体は悪くなかったのと、パターンを覚えていけば先に進んでいけるゲーム性だったのもあってどんどんはまっていきました。
結局5面ボスを超えられずじまい(全6面)だったんですが、多いときで2時間近くぐらいもゲーセンで粘っていたことがあったほど、熱中した作品でした。
その後この『達人王』がFM-TOWNSに移植されると知り、そのためにパソコンを選んだぐらいでしたw

ちなみにこのパソコンを買ったのは、社会人になったら必要だからという理由で親が買ってくれることになっていて、機種は自分で好きなのを選ぶということになっていました。
TOWNSを選んだのはこのゲーム以外にも、当時はこれから成長していくパソコンだとされていたから、という理由もあります。
しかし、その後FM-Vが発表され、以降の状況は説明するまでもないでしょう(爆orz

とはいえ、今も使えるパソコンのスキルを覚えられたのも元はこのTOWNSのおかげであるし、何より好きなゲームを存分に楽しめたし、そう考えれば決して無駄ではありませんでした。
東亜は巡り巡って、僕のパソコンスキルをも鍛えてくれたのかも知れませんねw(爆
スポンサーサイト

<< ファミコンミュージック  TopPage  トリックスターイラストコンテスト >>

コメント

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒http://metroidph.blog81.fc2.com/
でブログをやっているきみきといいます。
色々なサイトをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを残してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

2009.01.29      編集

リンク

>きみきさん
はじめまして。
『風来亭 on the web』の管理人である、緋竜と申します。

リンクの申し出ありがとうございます。
ただ、こちらとしましては、初めての方にいきなりリンクを申し込まれても、相手のことがよく分かってない部分もありますし、そのような状態で相互リンクをしても逆に失礼に当たると考えていますので、申し訳ございませんが今回の申し出はお受けすることができません。

あと、リンクを申し込まれるのでしたら、最低限のマナーは守って下さい。
本文中で書いてるからいいだろうと思われたのかもしれませんが、コメントを書く際にはお名前をちゃんと書いて下さい。
相手によってはSPAM書き込みと見なされますよ。

ということでご期待に添えなくて申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。
失礼します。

2009.01.29   緋竜   編集

達人王懐かしいですね

緋竜さん、こんばんは

達人王はまりましたね~

多分オプションに誘導ビームのような武器を使用するゲームは達人王が、一番最初だったのではないでしょうか?

初代の雷電ではホーミングミサイルはありましたが、ビームは付いてなかったですしね。

50円でシューティングゲームを長く粘れるかどうかは、連射機能が付いてるかどうかだったような気がしますw

一面の曲は今でもよく覚えてますよ。

ある時期から急にゲームセンターで達人王を見かけなくなったかと思ったら会社が倒産していたのですね…

FM-TOWNSに移植されたというのは知りませんでした。
確かウィザードリィ5もFM-TOWNSに移植していたと思いますが、今思うとFM-TOWNSは色々とマニア心くすぐるようなゲームを移植していたのですね

2009.01.29   葉月の神官   編集

きみきさまへ

きみきさま、はじめまして
こちらでいつもお世話になっております葉月の神官と申します。

無礼を承知の上で、横槍失礼いたします。

まず、相互リンクを頼む場合、最低限依頼先のブログの感想を述べるべきです。

ブログの宣伝の為にリンクを依頼するというのは常套手段ですが、
相互リンクを頼むと言うのは管理人さまの趣味や趣向に賛同し、
本当にこの先も長く付き合って行きたいという方とのみするものだと思います。

失礼ながら、いかにも不特定多数にコピペして貼り付けたような文面では
依頼先のブログの管理人の心情も無視に自分のブログだけ宣伝出来れば
良いという魂胆であるとしか、私には思えません。

この文面を見て今後も本気で付き合って行きたいと思う方が居るとは思えま
せんが、もし相互リンクしてくれる方が居られましたら、相互リンクして終わり
にするのではなく、今後も付き合いを大切にしていってください。

数だけ相互リンクを増やせば(一時的に)アクセス数だけは増えるかもしれま
せんが、上辺だけで虚しい想いをするだけだと思いますので。

あと、蛇足ですが初めての場所で絵文字は厳禁ですよ。

無礼な発言失礼いたしました。

ブログ頑張ってください

2009.01.29   葉月の神官   編集

分かる方がいたw

>神官さん
こんばんは。書き込みありがとうございました。
神官さんも達人王プレイされてたんですね。分かる方がいてくれて嬉しいですw

>オプションに誘導ビームのような武器
達人王の前作にあたる『TATSUJIN』で、これと似たような感じでホーミングするサンダーレーザーが登場します。
どちらにしても、知っている限りではこのようなレーザー系の武器が登場したのはこのシリーズが初めてですね。

>連射機能
当時は連射機能なんてまだまだ珍しい時代でしたからね。
達人王はデフォルトでフルオート連射が付いてますし、難易度のことはさておき、そういう意味でも遊びやすかった作品だったと思いますw

>会社が倒産
最初に倒産の一報を聞いたときは、つい目頭が熱くなりましたね…(TT
時代の流れかと思いつつも、やはり大好きだったメーカーがなくなるのは悲しかったですから。

>色々とマニア心くすぐるようなゲーム
これ以外にも、TOWNSでは初代『雷電』や『魔法大作戦(こちらはダメダメ移植でしたがw)』など、マニア垂涎の作品が多かったですw
雷電もお好きなようですが、TOWNS版の雷電もそんな方に是非とも遊んでもらいたいほど素晴らしい出来でしたね。
TOWNS持っていて良かったと本気で思っていた時代でしたw


それと、僕の言いたかったことを代弁してくださってありがとうございましたm(_)m
どこまで言っていいか分かりかねたところもあるので前回では抑えめでしたが、僕が上の方に言いたかった詳細も同じことですので。

2009.01.29   緋竜   編集

古い記事への書き込みですみません

はじめまして。ネットサーフィン中にこの記事と19XXに釣られてフラフラと迷い込んでしまいました(汗)。

達人王、曲いいですよね。あの曲の明るさとゲームの難易度のギャップは凄いと思いますが…個人的には2面と5面の曲が好きです。
東亜のゲーム曲は自分は鮫!鮫!鮫!とかゼロウィングあたりがいちばん好きです。
これまたゲーム(AC版)はどちらもかなり難しいですが…

達人王って難易度もですが、出回って時期も不運でしたよね。ストII全盛期でしたし。私は見事にストIIに熱中していたクチです。


何となく最近東亜プラン物のゲーム音楽を何曲か着メロ作成していたので、古い記事にも関わらずつい反応してしまいました。すみません。
こちらもFC2でやっぱりブログやっている(但し物凄くサボリ屋です)ので、気が向いた時にでもこっそり覗きに来てみてください。大したものは何もありませんが…

では、失礼いたしました。

2009.03.08   ビッグコアMK-3   編集

はじめまして

>ビッグコアMK-3様
はじめまして。このブログの管理人である緋竜と申します。
今回はご訪問と書き込みありがとうございました。

>あの曲の明るさとゲームの難易度のギャップ
本当にそうですね。
曲だけ聴くと、あの鬼畜な難易度は想像できませんw
『鮫!鮫!鮫!』は、旅行に行っていた先のゲーセンにあったのを過去にプレイしたことがありますが、2面に行くのが精一杯だった記憶があります(汗

>ストII全盛期
僕もストIIをしつつ、対戦の順番待ちをするついでに他のゲームをするという感じでやっていましたねw>当時
ストII以外にも、達人王、ゼクセクス、キャプテンコマンドー…と、熱中できるゲームが多かったいい時代だったと思います。

>着メロ作成
ブログの方を少し拝見し、音楽も聴かせていただきました。
鮫!鮫!鮫!の音楽はよく知らないのですが、きれいに作られていた感じがしました。
いかにも「東亜節」な感じがいいですよねw
他の記事もじっくりと拝見させていただきます。

今回は書き込みありがとうございました。
よろしければ、またのお越しをお待ちしています。

2009.03.08   緋竜   編集

私のほうのブログへの書き込みありがとうございます。

そういえば東亜節は東亜節でも達人王、V・V、そして鮫!鮫!鮫!も弓削さん作曲のタイトルなんですよね。
着メロ聞いていただきありがとうございます。実はあの着メロ、主旋律で明らかに音間違えている箇所目立つのに1箇所放置(汗)。

鮫!鮫!鮫!はMDに移植されていたりする(しかも難易度が易しくなっていてとてもやりやすい)ので、機会があれはそちらを是非!!
MD版のプレイ動画、超絶的に下手くそプレイですがちょっとアップしてみたので、もし良かったらまたこっそりと覗きに来てみてください(ちゃっかり宣伝)。…というか、あれは下手な私よりもうちの旦那にやらせるべきだったような(汗)。


また懐かしのゲームネタ等いろいろに釣られて遊びにきます。こちらこそよろしくお願いしますね。

2009.03.09   ビッグコアMk-3   編集

またどうぞw

>ビッグコアMK-3様
こんばんは。
度々の書き込みありがとうございます。

>明らかに音間違えている箇所
そうだったんですか?
僕が元の曲知らないと言うのもあるのかもしれませんが、聴いている限りでは違和感はありませんでしたので。

>MDに移植されていたりする
そのようですね>移植
これに限らずV・Vやスラップファイトなど、東亜系のゲームはMDに移植されることが多いようで、僕も一時期MDが欲しくてたまりませんでしたw
本体は今ならいろんなところで転がっていることが多いですが、悲しいかな肝心のソフトが無いんですよね…(涙
秋葉原でも見ましたが、東亜系のは全くと言っていいほど見つかりませんでした。

動画の方もまた拝見させていただきますね。

>懐かしのゲームネタ等
ぜひぜひ釣られてみて下さいw
僕も、これからも気が向いたら昔のゲーム話など書きたいと思っています。

よろしければまたお越し下さいませ。よろしくお願いいたします。

2009.03.09   緋竜   編集

MDソフトは

中古なので、一期一会の運もあるとは思いますが…秋葉原、結構普通に売っていますよ。
例えばこことか↓
http://www.superpotato.com/
大抵いつ見に行ってもTATSUJINとかあたりは数本置いてありますし、7日に行った時は鮫!鮫!鮫!1本だけ900円でワゴンセールに入っていました(お?と思ったけど、1本だけであとは普通にMDコーナーに2000円くらいで3~4本並んでいた。汚れがすごいとか何かあるのかな?)。
7日に目にとまったMDの東亜ゲームは…他は究極タイガー、ゼロウィング、大旋風あたり。軽くザザッと見ただけなので他にもあったかもしれませんが。

あと、こちらのブログ簡単に読んでいった限りでは東京はちょっと遠いようなので…今度こちらに来る機会がありましたら、是非秋葉原とともに総武線使って(お茶の水で中央線に乗り換えると若干早い)中野もハシゴしてみるといいですよ。
中野の駅前アーケード商店街のつきあたりに「中野ブロードウェイ」なる建物がたっているのですが、ここがまたまんだらけをはじめとして秋葉原といい勝負できるくらいのものが揃っているのでかなりオススメです。
意外と秋葉原で探していて見つからなかったものが中野であっさり見つかったり、同じものでも中野のほうが安かった、なんてこともあるので(もちろん逆もある)。

度々失礼いたしました。

2009.03.10   ビッグコアMK-3   編集

情報どうもです

>ビッグコアMK-3様
こんばんは。いらっしゃいませw

>秋葉原、結構普通に売っていますよ
お店の情報ありがとうございます。
ここも何度か足を運んだことがありますが、僕の運が悪かったみたいですね(汗

ちなみにお察しの通り、東京にはなかなか来ることができなくて、年に2回のコミケが精一杯だったりしますw
それでも一般人に比べると行くことが出来ている部類なんでしょうけど。
秋葉原にはコミケで来るたびに行っています(かれこれ6年ほど)が、お話を聞いているとまだまだ行き尽くしたとは言えないのかも知れませんね…。
秋葉原は行くたびに何か新しい物を発見できるので、大好きな街ですw

>中野ブロードウェイ
中野は行ったことがないので盲点でした。
上述の通り東京に来るのは大抵コミケのときなんですが、他の友達と遊ぶ関係もあってどうしても秋葉原、上野、新宿あたりに行動範囲が限られてしまうんですw

おそらく次に行けるのは今年の夏になると思われますので、時間があったら中野の方も散策してみようと思います。

今回はいろいろと情報ありがとうございました。

2009.03.10   緋竜   編集


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©風来亭 on the web. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。