風来亭 on the web

日々趣味を楽しむ人生の風来人『緋竜』が主宰する、同人サークル『風来亭』のweb版です


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 泉こなた 体操服ver.   TopPage  サプライズ >>

コメント

アーケードギアーズ

おおお、これが以前CAPCOM CLASSICS COLLECTION REMIXEDの話の時に挙がっていたアーケードギアーズ版のワンダー3ですね!!
アーケードギアーズは自分もイメファイであああ~、なことになっていますが…このシリーズで出た他のゲームの移植度って実際どうなんでしょうねぇ?
…多分某ゲーセン族よりは…と思いたいです(笑)。

ああ、そろそろこちらにいらっしゃる時期ですよね。
もう秋葉原とかでPSP版CAPCOM CLASSICS COLLECTION REMIXED是非買ってっちゃってください!!

2009.08.07   ビッグコアMk-3   編集

これですw

>ビッグコアさん
こんにちは。
夕べは疲れて寝入ってしまってたので、返事が遅れました(汗

>アーケードギアーズ
これがその実物ですw
ちなみにこのシリーズは、これとイメファイ以外にはガンフロンティア、プリルラが出ていたようです。
イメファイの噂は前から聞いていましたが、残る二つもネットで調べた限りでは…残念な出来だったようです(汗
某ゲーセン族は、移植度云々以前の問題ですね(爆

>CAPCOM CLASSICS COLLECTION REMIXED
もちろんそのつもりです。
これと、『逆転検事』は必ず買おうと思ってます(DQ9も状況次第でw)

余談ですが、当初言っていたのと予定が少し変わりまして、中野ブロードウェイは12日やってきたその日に行くことになりました。

理由は、その日友達と中野で会えることになったのと、翌日の鷲宮行きが、鷲宮神社以外にも幸手市、春日部市、大宮市にも足を伸ばすことになったため、1日フルに使わないと無理だと判断したからですw

2009.08.08   緋竜   編集


管理者にだけ表示を許可する
 


ワンダー3


今日は久しぶりにレトロゲームの話題を書きたいと思います。
今朝なぜかこのゲームの音楽を久しぶりに聴きたくなって、通勤途中にCDかけてましたからw

今日紹介するゲームは『ワンダー3』です。
といっても、手塚治虫のマンガではありません(爆

wonder3_2.jpg

カプコンの作品で、稼働したのは1991年でした。
写真は2つともサターン版(後述)のものですが。
一つの基盤で3種類のゲーム『ルースターズ』『チャリオット』『ドンプル』が遊べるという、当時としてはマイナーながらも画期的な面がありました。

『ルースターズ』は、武器を投げて敵を倒しながら右に進んでいく、いわゆる『魔界村』タイプのアクションゲームです。
一度攻撃を食らうと服が脱げてしまい、2度目にダメージを食らうとアウト、という点も魔界村そのものですねw
魔界村に比べると主人公キャラの動きにかなり融通が利く上、敵の攻撃もきつくない(あくまでも比較ですがw)ので、クリア難度自体はかなり落ちてます。

『チャリオット』はシューティングゲームで、特徴的なのは自機に尻尾みたいなオプションが付いていることです。
このオプションを使って敵の弾を消したり、一定数のオプションが溜まっていると強力なショットを撃てたりします。
(オプションはその後時間で回復)

ちなみに『ルースターズ』と『チャリオット』は同じ世界観を共有している物語(後者は前者の続編、という位置づけ)で、占星術をモチーフにしたような幻想的な世界観やグラフィックには目を見張る物があります。
作品自体はマイナーでしたが、好きな人も多かったです。

『ドンプル』は、一画面固定のステージで敵を倒すパズルゲームです。
ステージ内にはブロックが配置されているのですが、これを押すと、他のブロックにぶつかるまで飛んでいきます。
(障害物がない場合は画面端まで)
このブロックで敵をつぶすことができ、敵を全滅させればクリアになります。

ゲームとしては悪くないんですが、4方向レバーのゲームなのに他の作品との関係で8方向レバーで遊ばないといけないため、操作性に致命的な欠点を抱えていました。
その点もあってか、3作品の中で一番マイナーなものになってしまいました。


家庭用の移植としては、『アーケードギアーズ』シリーズの一つとして1998年にセガサターンとプレイステーションに移植されたものがあります。
7年越しの移植に、当時の僕としては「まさかこんなマイナーゲーが移植されるなんて!?」と驚きましたが、やはりやり込んだ身としては嬉しかったので迷わず購入しました。

実際やった感触として、『ルースターズ』と『ドンプル』は文句の付けようがなかったです。

『ルースターズ』はアーケードほとんどそのままだったし、プレイして違和感は全くなかったです。
『ドンプル』も、家庭用のパッドを使えば上述した操作性の問題もかなり軽減されるため、むしろアーケードより楽しめましたw

と、ここまでは良かったんですが…

『チャリオット』だけは、上記二つを裏切る最悪な出来でした…orz
何が酷いかと言えば、全体的にぬるすぎるんですw

敵の攻撃が全体的にゆるくなっている上に、ボスの耐久力が柔らかくなって、ボスによっては攻撃パターン自体が減らされているのもありました。
特に唖然としたのは6面ボスで、こいつは出現時にしばらくの間画面内をはね回るという演出があり、この間はダメージを与えられないので避けるしかありません。
そして、それが終わってボスが画面中央に戻った後にバトル開始、といった流れになります。

ところが移植版では、出現時の演出のときもダメージを与えられるので、出現と同時に(体当たりを食らわないように)ボスに張り付いて連射するだけで、攻撃が始まる前に倒せてしまいます(爆
アーケード版ではかなり強い部類に入るボスなのに、威厳が台無しです(汗

ラスボスもかなり弱体化していて、攻撃パターンが幾つか削除されているので(しかもアーケード版では最強の攻撃とされていた、赤玉の炸裂弾まで削除w)、何の緊張感もなくあっさりと倒せてしまいます(爆

ちなみにこれらのことは、難易度を最高ランクにしても変わりませんw

決して簡単ではないけど、初心者でもやり込めばクリアが見えてくるという絶妙なゲームバランスが良かったのに、一体それはどこへ行ってしまったのやら、って感じです…。
しかも敵の出現パターンや細かいことはアーケードそのままなので、余計違和感があります。

僕にとっては『チャリオット』は3つの作品の中で一番好きで、大学時代に近くのゲーセンでやり込んでいた思い出深い作品でもあったので、せっかくの移植版でこんなことにされてしまったのが残念でならないです(TT


ただでさえ古い上、知る人ぞ知るマイナーな作品なので、アーケードでプレイするのは現在かなり困難でしょうが、またどこかで見つけることがあればやってみたいと思いますw
スポンサーサイト

<< 泉こなた 体操服ver.   TopPage  サプライズ >>

コメント

アーケードギアーズ

おおお、これが以前CAPCOM CLASSICS COLLECTION REMIXEDの話の時に挙がっていたアーケードギアーズ版のワンダー3ですね!!
アーケードギアーズは自分もイメファイであああ~、なことになっていますが…このシリーズで出た他のゲームの移植度って実際どうなんでしょうねぇ?
…多分某ゲーセン族よりは…と思いたいです(笑)。

ああ、そろそろこちらにいらっしゃる時期ですよね。
もう秋葉原とかでPSP版CAPCOM CLASSICS COLLECTION REMIXED是非買ってっちゃってください!!

2009.08.07   ビッグコアMk-3   編集

これですw

>ビッグコアさん
こんにちは。
夕べは疲れて寝入ってしまってたので、返事が遅れました(汗

>アーケードギアーズ
これがその実物ですw
ちなみにこのシリーズは、これとイメファイ以外にはガンフロンティア、プリルラが出ていたようです。
イメファイの噂は前から聞いていましたが、残る二つもネットで調べた限りでは…残念な出来だったようです(汗
某ゲーセン族は、移植度云々以前の問題ですね(爆

>CAPCOM CLASSICS COLLECTION REMIXED
もちろんそのつもりです。
これと、『逆転検事』は必ず買おうと思ってます(DQ9も状況次第でw)

余談ですが、当初言っていたのと予定が少し変わりまして、中野ブロードウェイは12日やってきたその日に行くことになりました。

理由は、その日友達と中野で会えることになったのと、翌日の鷲宮行きが、鷲宮神社以外にも幸手市、春日部市、大宮市にも足を伸ばすことになったため、1日フルに使わないと無理だと判断したからですw

2009.08.08   緋竜   編集


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©風来亭 on the web. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。