風来亭 on the web

日々趣味を楽しむ人生の風来人『緋竜』が主宰する、同人サークル『風来亭』のweb版です


ありがとうございました

昨日開催された陵桜祭は無事に終わりました。
お世話になったサークルさんや、本を手にとって下さった皆さん、本当にありがとうございました!

即売会後のアフターイベントも楽しく、コミケしか知らない身としてはとても新鮮でしたw
色紙などの景品は一つも当たりませんでしたが(爆

詳細はまた後日アップします。
取り急ぎ、今回はご挨拶にて失礼いたします。

改めて、本当にお世話になりました!>皆さん
スポンサーサイト

<< GW鷲宮参拝~陵桜祭参加  TopPage  陵桜祭スペース決定 >>

コメント

新刊面白かったです。

 はじめまして。遅くなりましたが、陵桜祭お疲れさまでした。新刊「らっき~☆ぱわ~」楽しく拝見させていただきました。

 それで、「讃岐弁講座」のネタについてお訪ねしたいのですが、作者さんは香川県の方なのでしょうか。いえ、自分が香川の丸亀市というところの出身で、「まんでがん」とか「きん、けん」の違いというネタがツボに入ったものですから。ちなみに丸亀は中讃なので「きん」を使います。「そやきん」(だから)とか「そんなんせんきん」(そんなことしないから)とか。

 それでは失礼いたします。また新刊を楽しみにしています。

2010.05.12   足立淳   編集

ご来訪ありがとうございました!

>足立淳先生
はじめまして。
ご挨拶が遅れてしまい、申し訳ございませんでした!
ブログの記事の件、誠にありがとうございました。
今回、先生のブログで新刊のことをご紹介頂いたことを知り、本当に驚きました…。
もちろん内容も拝見させて頂きました。
先生のようなお方があんな拙い本をご紹介頂けるなんて、本当に恐縮です…。
と同時に、同じ香川出身の有名人の方にこうやってご紹介して頂けるなんて…と思うと本当に嬉しかったです。
ご挨拶をしようかとも思ったんですが、どうしても勇気が出なくて…本当に申し訳ございません。

先生がおっしゃるとおり、私は香川出身(西讃方面)の人間です。
新刊のネタを考えていたときに、たまたまテレビで方言に関する話をしていて(讃岐弁ではありませんでしたが)、それに着想を得て、讃岐弁に関するネタをやってみようと考えたのが今回の話でした。
讃岐弁で特にインパクトが強い(と思った)のは『まんでがん』ですし、『きん(けん)』は私も普段からよく使うので、これらをメインにしようと思った次第です。

丸亀は、行っていた高校が丸亀にあったので毎日通ってました。
丸亀、坂出辺りは中間地点ということもあるのか、私の記憶では同期では『きん』『けん』をそれぞれ使っている人が半々ぐらいだったように思います。
当時の感覚的には『けん』の方がやや多い感じだったので、マンガでは『けん』を中・東讃地方と括りましたが、実際中讃はどっちが多いんでしょうね?

今回は書き込みありがとうございました。
先生の記事で、私もかなり勇気づけられました。
こんな細々とやっているところでよろしければ、いつでもお越し下さいませ。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

2010.05.12   緋竜   編集


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©風来亭 on the web. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad