風来亭 on the web

日々趣味を楽しむ人生の風来人『緋竜』が主宰する、同人サークル『風来亭』のweb版です


うみねこのなく頃に EP3

うみねこEP3
先日の夏コミで買った『うみねこ』の第3話ですが、一通り読み終わりました。
というか、滞在中にほとんど終わってたんですけどねw(爆
(ネタバレもしくはきわどいところは反転しますw)

まずは感想を先に書きたいと思います。

今までの考察のほとんどが覆された感じですね…。さすが竜騎士先生、やってくれるぜw(汗
シナリオは相変わらず面白く、読んでいてぐいぐい引き込まれていきます。
新キャラのロノウェも、敵ながら個人的にすごく気にいりましたw

特に初の生き残りが出たことなど、今までにはない新しい展開には驚かされました。
(それでも最後の最後では相変わらず不幸なEDなんですが…)
後半で「もしかして最終回?」かと思わせるような感じになってしまいましたが、最後でのどんでん返しが見事でしたねw(爆

今回は大人勢大活躍で、特に霧江さんw
彼女が頭脳を活かして活躍する展開、今まで見たかったので嬉しいですw

そして、今までは名前しか出ていなかった縁寿の参戦。
おそらく彼女はひぐらしで言うところの赤坂のようなキーマンになるんでしょうね。

まだ世界のルールを完全につかめた訳ではありませんが、今までに比べれば少し考えが煮詰まってきたかも知れません(あくまで比較の問題ですのでw)
気が早いかも知れませんが、次回が楽しみですw


ここからは、今回見た限りの自分の考察を書いてみたいと思います。
ここも反転させておきますので、興味のある方だけどうぞw

第2話からのサイキックバトルは、メタ世界でのベアトリーチェの解釈(以下「魔法世界」とします)に過ぎないということ。
ただ、現実世界で黄金を独り占めしようと殺人を行った絵羽が、魔法世界では『新しい魔女』として殺戮を繰り返したりなど、現実世界で起こったことがある程度の形を残して反映されているようなので、何かの比喩だという考えはあながち間違ってないのかも。


ベアトリーチェの金塊は実在し、それを見つけることで生き残ることができる。
ただし、それを見つけるのはみんなでしないと駄目で、手に入れた者が独占を狙って殺人を犯すようになる。


ゲームの勝利条件は、縁寿に幸せな未来が訪れること。
この辺は、ひぐらしでの最大の課題とされていた『梨花ちゃんに幸せな未来が訪れること』に通じるものがありますね。


黄金を手に入れた絵羽は魔法世界の『魔女の宴』を逃れ、同じく最後まで残った朱志香は生き残れなかった。黄金を誰も見つけられなかった場合でも『魔女の宴』は必ず起こるので、朱志香は絵羽が殺したのではない模様。
だから、前回は海底火山の噴火という仮説を立てましたが、島単位で起こる大災害の類という仮説は未だに捨て切れませんw
もしかすると黄金の隠されていた部屋にそれを逃れるための鍵があって、絵羽はそれに気づいたので生き残れた?


ロノウェ=「呂ノ上」源次?
今のところは確定できませんが、もし「福音の家」の使用人が7人いるなら、ベアトリーチェの部下であるロノウェと煉獄の7姉妹に対応している?
源次と紗音たちだけに片翼の鷲が許されているのに何か関連があるのかも知れません。
ベアトリーチェも金蔵もそれぞれ彼らを「家具」って呼んでますしね。
スポンサーサイト

<< ガンマン・高良みゆきの冒険(3) ~ボス打倒編  TopPage  パソコン用ディスプレイ >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©風来亭 on the web. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad