風来亭 on the web

日々趣味を楽しむ人生の風来人『緋竜』が主宰する、同人サークル『風来亭』のweb版です


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 予告w  TopPage  DS祭りw >>

コメント

悪評判

やっぱり、やってみないと解らないものですよね、このゲームがシリーズで最も不人気の理由はw。

特に、肝心の最終話が全てをダメにしたという感じは同感です。
あと、しっくり来ない部分は恐らく、逆転裁判5への複線の予定だったのではないかと見られますが、
カプコンスタッフが4が発売されて1年半経っても、5の情報を一切出さないという不自然さ。
それだけ4は失敗作に近かったのでしょうねw
麦面やパンツや葉見垣みたいに濃いキャラもしっかり居るのに、非常にもったいない作品と言えましょうw

ちなみに、このがりゅ~ん先生は、このツメの甘さをニコニコや2chで散々叩かれていますwww。
たかが嫉妬如きで人殺すなよwって感じですねw

やはり、巧舟氏がもっと中心にシナリオ作りをしないと、微妙な作品になるって事なんでしょうねw

2008.08.28   あおい   編集

今なら分かる

>あおいさん
こんばんは。
確かに実際やってみて不評な理由が分かった気がしますねw

>麦面やパンツや葉見垣みたいに濃いキャラもしっかり居るのに、非常にもったいない作品と言えましょうw
僕もそう思います。
いろんな面で難航しているのかもしれませんが、続きがあるなら見てみたいですねw

うがった見方をするなら、5を出すに出せないから『逆転検事』を出すことにしたのかも知れませんねw(爆

>ツメの甘さ
知ってますw
クリアした後に某所で「兄貴まとめ」見て爆笑しましたw(爆
あれを見てるとある意味かわいそうな人なのかも知れないなあって、少しだけ思ってしまいました。
(皮肉じゃなくて、本気でw)

>巧舟氏がもっと中心にシナリオ作りをしないと
2や3にも細かいところでおかしなところはありましたが、プレイ時はほとんど気になりませんました。
今思えば、巧氏のシナリオがしっかりしていたからだと思いますねw

2008.08.28   緋竜   編集


管理者にだけ表示を許可する
 


逆転裁判4

逆転裁判4
前回言っていたとおり、DSでプレイしていた『逆転裁判4』が全部終了しましたので、レビューなどを書いていきたいと思います。
例によってネタバレ等は反転しますw

・第1話「逆転の切り札」
最初に弁護士じゃなくなっているナルホドを見たときは、『ストZERO3』のコーディを思い出しましたw
カプコンって、昔のヒーローでも平気で汚れ役にするのが得意なんでしょうかw
京サマでは絶対考えられないことですw(爆


・第2話「逆転連鎖の街角」
個人的にほうきに仕込んだドスをちらつかせる小梅が意外とツボでしたw
第1話で王泥喜が言っていた『一見何もつながりがないような出来事一つ一つが繋がって事件になっている』というのを地で行っているようなこの話は、今作全般の象徴なのかなとも感じました。
(このことについては思うことがあるので、後述します)

美波は女性キャラの中ではかなりの極悪人の部類ですが、いかんせん前作のちなみのインパクトがあまりにも強かったので、かすんでしまった感があるように思いましたw


・第3話「逆転のセレナード」
最初に被害者が殺されたとき、王泥喜に言いたかったのは「女神」じゃなくて「目が見えない」ではないか、というのは何となく想像が付いていましたw
その結果は自分が予想していたのとは多少違ってたんですが(マキが目撃者だと思っていたのでw)

個人的に、真犯人の動機が弱いように思ったのと、そもそもあんな大柄な被害者を被告が運ぶのは無理だろう、とか、ギターに密輸の繭(と発火装置)を仕込んでいたのなら重さで気づけよ響也(爆)、とか、そんな細かいところばっかりが目に付いてしまって、シナリオにのめり込めませんでした。
というか、シナリオ全体のつながりがちぐはぐなように感じたんですね(この辺も後でw)


・第4話「逆転を継ぐ者」
最初はメイスンシステムの意味が分かりませんでしたが、最後までやってアレは裁判員であるラミロアの視点で過去と現在を見ていた、ということだったということに気づきました。

ナルホドが弁護士資格を剥奪された理由も分かりましたし、第1話の被害者の正体も分かりました。
確かに第1話で王泥喜が言っていたように全部の話は繋がってはいたんですが、何かしっくり来ないものがありました。


ここで全体の話をしたいと思いますが、今回は最初から最後まで通して話のつながりがちぐはぐなように感じました。
そのため、今までみたいに深く感情移入ができなかったんです。
今まで『2』の逆転サーカスや『3』のゴドーの涙で泣いた自分が嘘のようでしたw(爆

その原因は何だろうとプレイ後に考えていたんですが、個人的に最大の原因はザックと霧人なように思えました。

まず、ザックは全体を通して行動が支離滅裂w
第1話ではナルホドを陥れようとした極悪人、という風に描かれていたのに、第4話の同場面では二人で和気藹々と語り合ってるし、本当に同じ人物か?とすら思いました。
自分の娘を育ててくれた人に恩を仇で返すようなことしてるわけですしw

その二人が知り合うようになったきっかけの事件でも、本当は自分が無罪になれる証拠を持っているにもかかわらずナルホドに渡しもせず(ポーカーやって全面的に信用するって決めたんじゃないのかw)、あげくに法廷からドロンですしw


そして霧人、彼はいったい何がしたかったんだというのが正直な疑問ですw
ラスボスにしては明確な目的もないし、むしろ不用意な一言(青い炎、ボーンチャイナ、7年前の復讐など)で敵に情報を与えて自爆してしまっている印象が強かったですw(爆
そして犯罪者として収監されているにもかかわらず、過去に自分が仕掛けた爆弾(毒切手、マニキュア)が予想外に作動してまたも自爆、おまけに7年前の事件の発覚を恐れて関係者全員を一人で監視し続けていたという小心ぶりw

何となく推測できるのは、自分に恥をかかせたザックとナルホドに復讐したかったということですが、目的と行動がどうも合ってないように感じますw


そのほかにも、王泥喜とみぬきが実は異父兄妹だったとか、ラミロアが或真敷優海で二人の母親だったとか真実が分かるんですが、そのための伏線が不足している感じで、驚きよりもあっけにとられたというのが正直なところでしたw
そもそも、記憶喪失になった時点でなぜ優海が日本からはるかに離れたボルジニアにいたのか、というのすら描かれていないので、ラミロア=優海を結びつける線が弱すぎるんですよね。
この伏線不足は他のところでも言えることで、だから王泥喜の第1話のセリフは個人的に少し納得がいかなかったところがありますw

今回はいろいろと批判的な内容を書いてしまいましたが、一つ可能性も考えられます。
いろんなところで指摘されていますが、これは最初から続編を作るつもりで製作されたのかな、とも感じました。
そう考えればまだ納得のいく部分もありますし、今回語られなかった或真敷一座の真実もこれからの作品で語られていくのかな、と。

何はともあれ、次回作が出てプレイすれば評価も変わるのかもしれませんw
スポンサーサイト

<< 予告w  TopPage  DS祭りw >>

コメント

悪評判

やっぱり、やってみないと解らないものですよね、このゲームがシリーズで最も不人気の理由はw。

特に、肝心の最終話が全てをダメにしたという感じは同感です。
あと、しっくり来ない部分は恐らく、逆転裁判5への複線の予定だったのではないかと見られますが、
カプコンスタッフが4が発売されて1年半経っても、5の情報を一切出さないという不自然さ。
それだけ4は失敗作に近かったのでしょうねw
麦面やパンツや葉見垣みたいに濃いキャラもしっかり居るのに、非常にもったいない作品と言えましょうw

ちなみに、このがりゅ~ん先生は、このツメの甘さをニコニコや2chで散々叩かれていますwww。
たかが嫉妬如きで人殺すなよwって感じですねw

やはり、巧舟氏がもっと中心にシナリオ作りをしないと、微妙な作品になるって事なんでしょうねw

2008.08.28   あおい   編集

今なら分かる

>あおいさん
こんばんは。
確かに実際やってみて不評な理由が分かった気がしますねw

>麦面やパンツや葉見垣みたいに濃いキャラもしっかり居るのに、非常にもったいない作品と言えましょうw
僕もそう思います。
いろんな面で難航しているのかもしれませんが、続きがあるなら見てみたいですねw

うがった見方をするなら、5を出すに出せないから『逆転検事』を出すことにしたのかも知れませんねw(爆

>ツメの甘さ
知ってますw
クリアした後に某所で「兄貴まとめ」見て爆笑しましたw(爆
あれを見てるとある意味かわいそうな人なのかも知れないなあって、少しだけ思ってしまいました。
(皮肉じゃなくて、本気でw)

>巧舟氏がもっと中心にシナリオ作りをしないと
2や3にも細かいところでおかしなところはありましたが、プレイ時はほとんど気になりませんました。
今思えば、巧氏のシナリオがしっかりしていたからだと思いますねw

2008.08.28   緋竜   編集


管理者にだけ表示を許可する
 




Copyright ©風来亭 on the web. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。